琴古流尺八 薫習庵Plus+ “日々、人生の置き土産”

 吉村としお(蒿盟) 琴古流尺八薫習庵の別館ブログです。 残りの人生、楽しめる間は楽しんで参ります。
 尺八おじさんの終活日記 それでも続く挑戦と反省の日々...。
 現在、オーソドックスで新しい尺八 金管尺八“心妙”を開発中です!!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

カテゴリ: 金管尺八“心妙”


昨日、歌口エッジを深くしてみたら俄然息受けが良くなったので、今日は新娘道成寺の音源合奏で吹いてみました。

まだまだ課題山積ですので道のりは遠いですが、どんどん変化していくのが楽しいです。

現在、試作品TEST ver2.00の設計中です。

楽しみですし、正式名称も決定しましたらご案内申し上げます。


開発中の金管尺八、歌口部分(ストロー1)は交換出来る方式を採用する予定です。

そのため、先月来吹いてる試作品TEST ver1.01をヤフオクで出ている四郎管を参考にして思い切って削り込んで試作品TEST ver1.02にしてみました。

FullSizeRender


FullSizeRender

そうしたらここまで削り込んだところで俄然息受けが良くなって驚いています。

ジュラルミンの試作品故に限界まで試すことができますが歌口エッジの特に両サイドの深さで息受けの変化を確認出来るのは面白いですね。

皆様 2021 新年明けましておめでとうございます。

新型コロナ禍の中、日々治療に携わっておられる医療従事者の方々には心より感謝申し上げます。

私にとって、今年(令和3年)は特に大事な年となります。
先ずは、健康に気をつけて、一歩づつ進んでいきたいと思います。

FullSizeRender
子年から丑年へ


IMG_8347
おせち料理が出来上がりましたので、ジュラルミン尺八(ジュラ君)と記念撮影してみました。


来年の正月にはお布団無しで記念撮影出来ると思います。

ジュラルミン尺八(ジュラ君)のパーツが一つ新しくなって、ピッチを微調整して歌口のエッジを少し深くしてTEST ver1.01になったもので「さらし」の練習に使ってみました。
こりおりの会マスクメンバーによる、深草検校「さらしの練習風景です。

動画を撮影するとは言っていなかったのでYouTubeにアップは無理かなあと思っていたのですが、「くれぐれも練習風景」ということでしぶしぶオッケーをいただきました〜 

でもこのメンバーで練習していると楽しいのです♪

FullSizeRender

今日は年末の買い出しなのでジュラ君は家で寝ております。

年末恒例と言っても我が家だけの話ですが、平成元年に今の家を建築して以来、ずっと年末にワックス掛けをしてきました。

ソファーやカーペット類を庭に出してワックス掛けして和室にこもって乾燥させ、二度掛けしてまた和室にこもるということです。

昨日は乾燥してピカピカになった状態でカーペット類を敷く前にジュラルミン尺八(ジュラ君)で少し遊んでみました。笑笑

IMG_8321
IMG_8322
IMG_8323

家も住人も随分と朽ちてきました。

「産業のまち尼崎、ものづくりのまち尼崎から世界へ発信する」を合言葉にしてスタートしたこの開発プロジェクト

「オーソドックスで新しい尺八」を作りたいと考えて、尼崎市の金属精密加工企業との共同開発を始めました。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
TEST ver1.00

まだまだ緒についたばかりですが、試作品TEST ver1.00が届きましたので、早速に確認の為に色々と合奏して長所短所の掘り起こしをしています。

「妙枝ちゃんと合奏しました」に続いて、「酒(笹の露)前半のみ」をYouTube動画にアップロードしました。
神戸の上田親智井先生はとてもお元気で安心しました。


皆様 こんにちは

「尼崎から世界へ」を合言葉として、現在、私は尼崎市にある金属精密加工企業と共同でジュラルミン尺八の開発を進めています。


始まったばかりですので、まだまだ時間がかかりますが、先日試作品のTESTver1.00が届きましたので色々テスト中です。

試しに作ってみたレベルですので正式には組み立てておらずセロテープで仮止めしている状態ですが、一応音が出ましたので、丁度、箏を習いに来ていた妙枝ちゃんとの合奏練習に参加させてもらえましたので動作確認のため動画に撮りました。
今後、随時、開発状況をお知らせして参りますのでご興味関心のある方是非ともチャンネル登録を宜しくお願い申し上げます。



このページのトップヘ