薫習庵琴古流尺八アライアンス Kunjuan Kinko-Ryu Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生NET稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto-Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

カテゴリ: 尺八製管師 小林一城

22f754e4.jpg
今年の春に縁があって私の所にやって来てくれた一尺八寸管です。

かなりの古管で、名管であったのでしょうが、残念ながら私の所に来たときは本当に無残な状態でした。

逆に言えば、無残な状態になってたからこそ、私の所にやって来てくれたというか、やって来たのでしょう。

これまでに何人かの手が入っていたようで、上管は切断され、内部は何度も改作を試みられて原状は跡形もなく、手孔は抉り削られ、管尻はラッパの様に削られ、挙句の果てに別の竹を埋め込まれ、更に削られて、樹脂を流し込まれて突き出してる状態。
顎当たりも削り落とされ、見る影もない。

数十年の間、きっと救い出されるチャンスを伺っていたのかも知れない。

今年の春先にこの尺八のことを知り、手に入れるつもりなど毛頭なかったのですが、もう使い物にならないと放置されているのが可哀相で譲っていただくことにしたのです。
それから待つこと二ヶ月余り、五月の末に宅急便が届いたのでした。

早速、小林一城先生の所に持参して相談させていただきました。
小林先生は、名人級の尺八には手を入れないのが主義ですので、普通でしたら断られるところですが、あまりに無残な状況で既に何人かの手によって原形を留めていなかったので、改作に踏み切ってくれました。

新管を作るより遥かに手間のかかる作業だったと思います。
切断された上管のホゾ入れ接続、歌口の入れ替え、中継ぎのホゾ入れ替え、手孔の埋め戻しと開け直し、管尻の竹入れ直し補修、顎当たりの盛り付け直し、そして内径の作り直しと調律作業。
最後に中継ぎと上管接続部分の藤巻き漆磨き出し仕上げ。

本当に見事に楽器として改作をして下さいました。
改作と言うよりは、製管そのものだったと思いますので、ご無理をお願いして、一城銘の刻印も入れていただきました。
後年、安易に名人級の尺八に手を入れた改作ではなかったことがわかるよう、誤解を受けないよう、添え書きもお願いして、大切に保存して、私の次代に伝えていくつもりです。

まだ、仕上げ漆の匂いがプンプンの状態ですが、音色は既に存在感のあるもので吹き込む程に日々艶やかな響きになっております。

12月の温故究音の会で、残月と本曲は一尺八寸管ですので使用する予定です。
ご縁をいただいた方々、製管してくださった小林一城先生に心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。 吉村蒿盟 拝



一城銘尺八ホームページ

http://ichijou-shakuhachi.com/


image
今、新管を注文しているお弟子さんが「一城銘尺八のホームページ」がありましたよ、というので、検索してみたら、確かにありましたので紹介しておきます。

やはり、プロが作ったホームページは垢ぬけしていて綺麗です。
皆さまも一度訪問してみてください。

一城銘尺八ホームページ
http://ichijou-shakuhachi.com/

image
ようやく、予定していた事務が片付いたので、少し余裕でもう一つだけ投稿します。

ブログの新規記事を書こうとしたら、投稿記事アクセス件数分析が載っていたのですが、相変わらず1位は「尺八製管師 小林一城先生の紹介」の記事でした。
さずが、世界的に人気の製管師であることを改めて認識しました。

たしか、平成12年頃だったと思うのですが、私がホームページを始めて間もない頃に小林一城先生の紹介記事を載せたのです。
そのときから、かなり反響がありましたので相変わらずの根強い人気の方なんだと再認識しました。確かな技術で、頑固な職人魂を貫く一方で、わがままなオーダーにも柔軟に対応していただける姿勢には温かいお人柄を感じます。
アフターサービスにも迅速に対応していただけるので一人の演奏家としてとても助かります。

また、最近は御子息の鈴純さんが忙しい演奏の中でもしっかりと製管の修行を積まれ、めきめきと腕をあげておられる様子が頼もしい限りです。

最後に、私が感心していることとして、「一城銘尺八」の価格設定があります。
製管師として独立されてからもう30年以上も経ちますが、価格幅については、独立からも、今から13年前に取材した頃からも、基本的にはほとんど変わっていないように思います。

13年前の取材当時に伺った話は
練習管  15万円〜
普及管  25〜35万円
高級管  50〜60万円
それ以上の高級管はどんなに高くても100万円を上限としている。
とのお話でした。その当時には、100万円のものはこれまでに3本しか出していないというお話でした。

そちろん、それ以降も腕に磨きが掛かり、より一層素晴らしい製管をされていると思いますし、独立時の物価と現在では比較になりませんから、当然尺八の価格も変動しているとは思いますが、私が生徒の尺八をお世話になっている限りでは、昔と極端な差はないように思います。こうした変わらぬ姿勢も人気の大きな要素だと思います。

私が勝手な推測でいい加減なことを書いて迷惑をかけてはいけませんので、確認してみますが、基本姿勢は変わっていないと思います。

最近、facebookで中国の方が300万円クラスの尺八が並んだ写真を掲載していたので、景気のいい中国市場ではそういった取引がされているのかと驚いたので、ふと頭に浮かんだという次第です

一城銘尺八ホームページ
http://ichijou-shakuhachi.com/

このページのトップヘ