薫習庵琴古流尺八アライアンス Kunjuan Kinko-Ryu Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生NET稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto-Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.

カテゴリ: 演奏会情報など

image
お陰様で今年の文化庁芸術祭に参加することができました。
本当に嬉しく思いますと同時に気持ちが引き締まります。

今回は参加が認められると思っていなかったのでホッとしました。

精一杯の演奏を頑張ります。

第11回吉村蒿盟尺八演奏会 温故究音
日時 平成29年11月1日(水) 午後7時開演
場所 大阪能楽会館(大阪市北区中崎町西2-3-17)
賛助出演 藤本昭子(三絃) 富永澄子(箏)
曲目 竹生島 虚空鈴慕 八重衣

image
image
私は普段からYouTube見ない人なので、年に数回しか動画サイトには縁がありません。

しかしながら、ジェシー逅盟さんのお弟子さんから、下記の2点をYouTubeにアップしましたとご案内を受けたもので、慌てて糸方の先生にYouTubeにアップの了解をいただき了解をいただきましたのでここにお知らせさせていただきます。

「熊野」(出演者左から) 藤村博己 幸田博恵己 井関博織己 吉村蒿盟 
 YouTube 「熊野(ゆや)」



「若菜」(出演者左から) 馬渕慶子 水田光世 ジェシー逅盟
 YouTube 「若菜」




image
image
image
14曲目、終曲「熊野」は、私が演奏しました。

山田流の藤村博己先生には、昭和53年、私が故・松村蓬盟先生に入門したときから本当に色々と勉強させていただいてる恩人です。

今回は、奥四つものから熊野を選ばせていただきました。
少しでも糸方と一体になってこの大曲の曲想の豊かな変化を共に表現出来るかどうかが今回のテーマでした。

薫習庵一同、それぞれの課題に取り組むことができたように手ごたえを感じることができた演奏会でした。

今後共一生懸命に勉強して参りますので、ご指導ご支援をよろしくお願いいたします。
吉村蒿盟 拝

image
image
image
13曲目の「若菜」は、京都薫習庵を主宰しておりますジェシー逅盟さんが演奏しました。

若菜は、既に暗譜しており、今年5月の京都ライブでも暗譜で吹きましたし、11月11日の「ジェシー逅盟尺八リサイタル」でも演奏しますので、今回は余裕をもって曲作りが出来ていたと思います。

彼女のお弟子さんがビデオ撮影してYouTubeにアップしてますが、早速、何人もの方からその素晴らしい音色について、誰の尺八を使っているのか問い合わせが来ております。

彼女が使っている1尺8寸管は3年前にオーダーして作っていただいた小林一城銘です。
良い音色を出すには良い楽器を先ず持つことはもちろん大事ですが、彼女の様な艶感のある素晴らしい音色は楽器だけで誰でもが出せるものではないです。
興味のある方はYouTubeで一度聴いてみてください。
元々から上手な方ですが、3年前に私のところに入門した当時の音色とは、楽器も吹き方も変わりましたので、現在は当時とは別人のようです。

今回の出演者のうち、中塚賢純さんと戸田朝夫さんはジェシーさんのお弟子さんです。

大変お疲れ様でした。薫習庵のネクストリーダーとして、初リサイタルに向けて頑張ってください。楽しみです。期待しております。



image
image
image
12曲目の「残月」は、久留米市在住の山口籟盟さんが演奏しました。

前々日の18日に長野県でライブをしてからの来阪でした。全行程マイカーでした。
残月は当日の舞台リハーサルのみでの本番演奏でしたが、流石に上手く仕上げて演奏しました。

山口さんは、今やYouTubeでは有名ですので薫習庵メンバーの中にも彼の動画を参考にしている人もいましたので、今回は生山口さんとのお話や演奏を愉しんでおりました。

遠路、本当にお疲れ様でした。

このページのトップヘ