薫習庵琴古流尺八アライアンス Kunjuan Kinko-Ryu Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生NET稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto-Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.

カテゴリ: 薫習庵だより

image
image
image
image
昨日は山田流の佐野満穂先生からお声掛け頂きまして、尼崎市内の県立高校で演奏してきました。

福山市から楠紀江先生も来てくれて、3人で演奏しました。こりおりの会のメンバーですので気心も知れていて安心して演奏を楽しむことができましたし、生徒のみなさんがキチンと聴いてくれましたので嬉しかったです。

ただ、このプログラムを3授業で連続して3セット演奏しましたので、暑くて汗もかきましたので流石に疲れました。

image
image
私の演奏会まであと一月を切りました。
平日は朝練以外に自分の稽古がなかなか出来ないのですが、今日は久し振りに家で一日中自分の稽古が出来ました。

名古屋でのえんの会から本番に向けて清流を吹いています。何年も掛けて細かなピッチバランスを本当に少しずつ少しずつ私好みに調整してきたのですが、先日の新入り管の心妙を参考にすることが出来たお陰で、やっとのことで清流のピッチバランスが古曲向きで納得できるところに追い込めましたので本当に嬉しいです。

自分のイメージどおりの音で吹けるのが嬉しくて朝からずっと八重衣ばかり吹いていました。

平成23年の6月に作っていただいた清流は、第6回温故究音の会から昨年だけ除いてずっと使っていますので、一番信頼度が高いです。

今年の会では、虚空鈴慕と八重衣はこの清流(小林一城銘)で演奏する予定です。

(温故究音の歩み、第9回の月日はミスプリントでした。正しくは10月21日でした。)



image
image
image
先週、撮影は終了しましたが、ジェシー逅盟が来月BSジャパンに出演しますのでお知らせします。

平成29(2017)年10月23日(月)21時放送
BSジャパン「ワタシが日本に住む理由」

お時間のある方是非ご覧ください。
カットされていなければ、私も少しは映ると思います。

image
image
お陰様で、名古屋市西文化小劇場での「第2回えんの会」が終わり無事に帰宅しました。

名古屋は大変邦楽が盛んで、上手な方が多いですから、私なりにかなりのプレッシャーを感じながらの参加ではありましたが、皆さんが大変暖かく迎えてくれましたので、本当に楽しく演奏させていただきました。清流が気持ちよく響いてくれました。

今回お声をかけてくださいました馬嶋公風さん、リーダー役でサポートしてくださいました伊藤韻盟さんには本当に感謝申し上げます。
ありがとうございました。
馬嶋さんとは大学時代に一緒に演奏したりする機会があり、当時から上手な方でしたが、今回40年振りに聴かせていただき、改めて、上手さに感心いたしました。
お互いに尺八を続けていて本当に良かったです。


写真は、素敵なプログラムと沢山のチラシ、それにFacebookから拝借しました宇治巡りの写真です。
昨日のホールは、何と地下3階のホールなので驚きました。スマホは圏外でした。

image
image
まだ先かなと思っていたのですが、今週はジェシー逅盟のBSジャパンのテレビ撮影に参加したりしていたこともあり、気が付けば名古屋の「第2回えんの会」が明日になっていました。

琴古流の皆さんが連携協力して立ち上げた会ですので大変意義ある会だと思います。
この会に今回出演できることを本当に嬉しく思います。

私は、終曲で地元の皆様と宇治巡りを演奏させていただきます。
とても楽しみです。

入場無料です。
皆様のお越しお待ちしております。

新入り管を使ってみようかとも思いましたが、今回は、舞台での信頼度が一番高い「清流」(小林一城銘)で演奏することにしました。

このページのトップヘ