吉村蒿盟 琴古流尺八教室 薫習庵

 琴古流尺八 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から現代曲まで丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生ネット稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto
     Hyogo Amagasaki and Nishinomiya Najio.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

カテゴリ: 薫習庵だより

カメラ初心者の私の撮影ですので、不手際は先にお詫び申し上げます。

1曲目の夕顔  山西弘久さんの写真撮り忘れました。
申し訳ありません。

尺八始めてまだ一年半ですが立派に単管で演奏しました。

IMG_2424
末の契  井上敬蔵さん

IMG_2425
磯千鳥  高野隆拡さん

IMG_2423
神戸研箏会の皆様 左から
福家親昭井先生
宮前親操井先生
山本井智世先生
今井井綾先生


IMG_2426
玉川 雪谷祐和さん

IMG_2427
楫枕 中塚賢純さん

IMG_2428
楓の花  伊倉義弘さん

IMG_2429
桜川 山本吉弘さん

IMG_2430
笹の露 ジェシー逅盟さん

IMG_2432
里の春 殖栗葆盟さん  すみません、切れてましたm(._.)m

IMG_2433
水の玉  今井幸盟さん

最後の、残月 私の写真はありません。

IMG_2436


昨日は、神戸研箏会から福家親昭井先生 宮前親操井先生 山本井智世先生 今井井綾先生をお迎えして、神戸三曲琴古流竹盟社グループの合奏研究会及び納会でした。
1日、充実した三曲合奏の研究会が出来て嬉しいです。

会員それぞれに課題曲の練習成果を出してくれました。
竹盟社京都支部副支部長でもあるジェシー逅盟は笹の露を良い音色でパワフルに演奏しました。
私は最後に残月を吹きました。
FullSizeRender


FullSizeRender


昨日はおかげさまで無事に素敵なゲストを迎えて古典ライブvol.7 終わりました。

上田親智井先生ほか神戸研箏会の先生に支えていただきどの曲も華やかな演奏だったと思います。
私の予想を上回る多くの方にお越しいただき、プログラムや入場者カードが無くなったしまい、大変失礼をいたしましたことお詫び申し上げます。

FullSizeRender

私自身はこの大きなプレッシャーからの開放感に浸っております。
ジェシー逅盟が素晴らしい伸びやか音色で嵯峨の秋を演奏しましたので、いい意味でとても刺激を受けながら、私は私の演奏をすることだけを考えて、一心に吹きました。

FullSizeRender

FullSizeRender

正直なところ、昨日はチケットも殆ど売れてませんでしたので、私の予想では20人くらいかなと思っていたので椅子も30席程度しか並べていませんでした。

入場者カード 歌詞カード プログラムも40部しか用意しておりませんでした。
古曲だけの地味なライブですのでこじんまりと思っていたのですが、60人もお越しくださりびっくりしました。
慌てて椅子を並べたりしてお客様にも手伝ってもらったようで本当に失礼しました。

今のところ次の予定は何も決まっておりませんが、また次の目標を立てて頑張って参ります。

FullSizeRender


上田親智井先生ほか神戸研箏会の先生方をゲストにお迎えしての古典ライブ、いよいよ本日になりました。

上田親智井先生は大変お元気で、今日は4曲全曲を演奏してくださいます。びっくりです。

うち、四季の眺と残月は三絃を一人で弾いて歌ってくださいます。神戸研箏会の先生方の一体感のある演奏がとても楽しみです。
私の尺八は横に置いといて、そういう意味でも大変貴重なライブだと思います。

お時間のある方の御来場を心よりお待ち申し上げます。

今日は、延べ四郎管の「六三四」で演奏します。
FullSizeRender

FullSizeRender


先日、私のところにやって来ました「内田秀童銘 一尺八寸管」です。
元のオーナーが吹かれなくなったので吹いてくださいと渡された尺八です。

内田秀童師は、初代川瀬順輔門下の一人で、その門下には大藪秀嶺師がいます。
私が大学のクラブ時代に手解きを受けたのが、大藪門下の中川銀嶺先生でしたから、その大師匠の作となりますから、これも有り難いご縁だと思っています。

FullSizeRender

内径は狭く、手孔も小さめですので、豪快な音は出ませんが、その分、上品な音色で優しい響きがします。
製管師がそれぞれの尺八に求めているものが違うというのが良くわかります。

地歌箏曲との三曲合奏には最適で糸方には好まれると思います。
私のこれからの方向性を示してくれる為に何かの力があって、私のところにやって来てくれた様なご縁を感じます。

豪快な延べ四郎管の「六三四」とどう共存してくれるのか楽しみです。

このページのトップヘ