薫習庵琴古流尺八アライアンス Kunjuan Kinko-Ryu Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生NET稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto-Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.

カテゴリ: 薫習庵だより

7977c018.jpg
6月24日、25日は、六甲保養荘で西宮三曲協会の合宿練習と懇親会がありました。

今年は、日帰りの方も含めると総勢27名の方に参加していただき、独奏勉強会や西宮市民音楽祭に向けた練習を各部屋に分けて熱心に稽古しました。

宿泊懇親会にも多くの方が参加してくれましたので色々なお話をすることが出来て楽しかったです。

写真は、新都山流尺八の皆さんによる坂本勉作曲「山の精木の精」です。
私も、都山譜で、千鳥の曲、都踊、壱越、出雲路を勉強させていただきました。

IMG_20170617_チラシ表
IMG_20170617_チラシ裏
第11回吉村蒿盟尺八演奏会 温故究音のご案内です。

昨年の第10回でもう大きな演奏会は終わりにする予定だったのですが、ホールの方からお声かけをいただいたもので、これも何かの縁かなと思い次のとおり開催するはこびとなりました。

7月中には、これまでの演奏会やライブで住所お名前を頂戴しており、当方から案内を送らせていただいております方には郵送でご案内をさせていただきますのでよろしくお願いします。

第11回吉村蒿盟尺八演奏会 温故究音
と き:平成29年11月1日(水)午後7時開演
     (午後6時30分開場)
ところ:大阪能楽会館
入場料  当日券3,000円(前売り券2,500円)
ゲスト出演:藤本昭子(歌・三絃)
      富永澄子(歌・箏)
演奏曲目  菊岡検校作曲  竹生島
      琴古流本曲   虚空鈴慕
      石川勾当作曲  八重衣
              
 大阪能楽会館 大阪市北区中崎西2丁目3番17号

お問合せ先:090-1899-3665(吉村)
メール:onko9on@yahoo.co.jp
H P:http://kunjuan.jp/
後援:琴古流竹盟社京都支部、西宮三曲協会

87c981d2.jpg

a8090a0d.jpg

dd025965.jpg

まだ、先週からの風邪がスッキリしない中でしたが、今日は神戸三曲協会演奏会と尼崎三曲協会演奏会で演奏してきました。

神戸は、名所土産の連管、尼崎は千鳥の曲の単管でした。
出演時間がうまくずれてくれたので、掛け持ちとなったのです。
3枚目の写真は移動の途中で食事をしました、塚口サンサンタウン内のカレー専門店アングル(Angle)です。
想像していた以上に美味しかったです。
移動で時間が無かったにもかかわらず5人待ちを並んででも食べて良かったです。

712b69be.jpg

京都ライブのあと風邪をひいてしまいました。

山口への旅行もあり、疲れていたのだと思いますが、なかなか治りません。
要は歳をとったということなのでしょうね、段々無理のきかない身体になってきてるのでしょう。

そういうわけで今日も家にこもっておりますので、ずっとパソコンの前に座って、溜まっている事務を少しずつこなしております。

さて、薫習庵の開軒は、平成9年ですので、20年目に入りました。
私は当初から、薫習庵は常に六段、黒髪の調べが絶えない社中にしたいと考えておりましたが、最近、入門される方が続いているので、久しぶりに六段、黒髪の調べがどこかで聞こえております。

ここ数年間は大きな曲のレッスンが続いておりましたので、それはそれで嬉しいのですが、やはり常に六段、黒髪の絶えない社中であって欲しいと思います。

忙しい勤務の中からレッスン時間を作って習いにくる人。
大学を卒業して社会人となったことを契機に尺八も始めた人。
海外出張の多い中から日本文化を感じて尺八を始めた人。
大学時代にやっていても忙しい仕事の中で30年以上のブランクを経て今度は琴古流を始める人。
様々なきっかけで出会い、尺八を通して多様なお付き合いが始まる異業種交流会のようなものと常に言っております。

興味関心のある方、いつでも連絡お待ちしております。

写真の楽譜は私のものです。昭和47年に購入したものを現在も使っております。
千切れては貼り、千切れては貼りの繰り返しでボロボロですが、人生を一緒に歩んできた楽譜です、破れや汚れも含めて覚えておりますのでこれからも一緒です。

このページのトップヘ