私は平成5年から6年に掛けて半年間、当時は南麻布にあった自治大学校で研修を受ける機会がありました。
その頃は勉強よりも全国に知り合いを作るネットワーク作りの方が大事とばかりに毎晩宴会みたいなものでした。
当時流行りの「マハラジャ東京」にも行ったりしてましたが、あるとき風邪気味を無理して赤坂のディスコに行ったとき、タバコの煙の中で過ごしたため夜中に呼吸困難になってしまいました。
まさに自業自得ですね。以来喘息症状に悩まされていたわけですが、尺八吹きが喘息とは洒落にならない人生ですね。

数年前には、いよいよ尺八はもう辞めて別の趣味に生きた方がいいかと思いカメラなども始めましたが、私には尺八くらいしか取り柄がないのでステージで吹く度に恥かき人生を重ねておりました。