カメラのレンズ選びではいくつかの選択肢がありますが、その中の一つとして、「ズームレンズ」か「単焦点レンズ」かというのがあります。
レンズ交換式のカメラの方はそれぞれのレンズ特性によって、ズームレンズを主とするのか単焦点レンズを主とするのか選んでいるのだと思います。

カメラを主としている方ならその両方を揃えている方も多いでしょうし、興味とお金の続く限りにレンズを揃えていく、いわゆる「レンズ沼」に嵌ってる方もおられると思います。

FullSizeRender<FUJIFILM XF16-55mmF2.8 R LM WR> ズームレンズ
FullSizeRenderFUJIFILM XF35mmF1.4R> 単焦点レンズ


ズームレンズは、画角の大きさをカメラ側で変化させることが出来る方式のレンズですから一本のレンズで幅広い写真が移動しないで撮れる便利なレンズですね。

それに対して単焦点レンズは、画角が一定のレンズですから、撮りたい画角に収まるよう撮影者が移動する必要があるレンズです。ある意味不器用なレンズですがその分撮像が綺麗ですね。

便利さを取るか、画質を優先させるのかということになりますが、皆さんはカメラを持たれるとしたらどちらのタイプを選びますか?

このテーマを考えていると結局はカメラに限ったことでは無いですね。

尺八でも何でも同じだと思います。
カメラの趣味はないからこのテーマは関係無い、ではなくて結局はその人の生き方みたいなものかもしれません。

でもだからと言って、私はこっち、私はあっちとさっと決めれるような方は稀かもしれません。
結局は、両方を手に取って色々経験してみて、成功も失敗も経てやっと自分はこっちの方なんだと判るというのが現実のような気がします。

大きい小さい、深い浅いの違いはあれ、それぞれのレンズ沼(レンズに限りませんが)に嵌ってから悟るのでしょう。笑笑