例年、年末は床のワックスがけに窓ふきが私の課題になります。

今年は天候が悪くて雨のため順延となりましたので、昨日(30日)は急遽思い立って徳島県阿南市まで通勤用の愛車で私の生まれ育った実家を見に行ってきました。

15歳まで過ごした家ですので、今でもよく夢に出てくるのです。
夢の中では、畳も新しい綺麗な家で父母も元気な姿ですので、それはそれでいいのかとも思いますが、最近はその頻度が高くなっているような気がしているのです。

そこで、いつまでも実家の夢を引きずってもいけないような気持がしていたので、実際に見てけじめをつけないといけない気がしていました。

そこで軽自動車の燃料を満タンにして、スマホナビを見ながら那賀川のほとりにある実家の様子を見に行ってきたのです。

IMG_5747
50年前まで過ごした場所です。(実家は写ってません。笑)

廃屋にはなっていると聞いていたのでもう潰れているかなと思いながらも到着してみると家は残っていました。もちろん人は住んでいませんが私が住んでいた50年前と同じ姿のままで朽ちていました。

今は他人の土地ですから勝手に入ることもできませんし、最初から見るだけの予定でしたのでしばらく眺めてから、すぐにそのまま帰宅しました。

昔と変わらない那賀川の鉄橋の写真を撮ってきました。

IMG_5745

IMG_5746
(この景色が私の心の原風景です。田舎です。)


これで、私の中のどこかで記憶の整理がついてくれるなら、この家が夢に出てくる頻度も下がるような気もしています。

令和元年は終活元年
人生初の転職もある意味で終活の一環かも知れないですし、大きなスピーカーを処分したのもその一つ。
実家を確認したのも同じです。
お蔭様で身体は元気ですので働けるうちは働きますが、常に残る人生を意識して楽しまなければいけませんね。

今年も残りわずかとなりました。
皆様佳いお年をお迎えください。