日々は仕事で疲れていてなかなか自分の練習ができておりませんが、昨日は台風の影響もあって、朝からのレッスンが無くなりましたので、本当に久しぶりに一日中尺八を握っておりました。(ずっと吹いてたと言う訳ではありませんが!)

丁度、調整していた一城銘一尺八寸管が戻ってきましたので早速に息を入れてました。

FullSizeRender
(一城銘一尺八寸管「森羅」)

朝から黒髪を吹いて、感触を確かめてました。

響きがあって音色にも艶感があり、表現力もあるので黒髪のリピート音源に合わせてましたら楽しくて止まらなくなり、繰り返し只管吹いてました。

残月、八重衣、宇治巡り、真虚霊と吹いて楽器との一体感を楽しみました。

FullSizeRender

今回の調整で楽器の印象が随分変わりましたので、新しい名前を付けてあげようと思っています。

しばらく吹いてるうちに相応しい名前が浮かんでくるでしょう。

FullSizeRender
6年程前にオーダーして同時に作っていただいたので「森羅(上)」と「万象(下)」と名付けたのです。(以前に撮った写真です。)

縁があるのかこの兄弟管、最初は一緒ではなかったですがお互いが呼び合うのか、結局は私のところで揃いました。