「山田流箏曲こりおりの会」の「こりおり」は、何から名付けているか、分かりますでしょうか?

私が名前の発案者ですが、語源は「コリオリの力」という言葉から名付けたのです。

地球の自転に伴って、常に西風が吹く偏西風に一定の力(転向力)が働いた結果、北半球では、時計回りと反対向きの渦が巻いて台風が発生する原理を解明したのがフランス人科学者のコリオリであったことから、その力のことを「コリオリの力」と名付けたようです。

私には、専門的なことは理解出来ませんが、コリオリの力からヒントを得て、常に生田流の偏西風が吹く関西にあって、例え一陣の風であっても山田流の風を吹かせてみたいという、細やかな希望を込めて名付けたのです。
単に偶然見つけたのでもなく、会のネーミングを考えたとき、「偏西風」をキーワードにしてネット検索していて、出会った言葉でした。

会のコンセプトに一致すると閃いたのでした。

決して、台風の目になって暴れてみようなどとは考えた訳ではありません。

名前というのは、最初は変な名前と感じていても使っているうちに馴染んでくる様に思います。

と言うわけで、「こりおり」は、「コリオリ」さんと言うフランス人🇫🇷科学者の名前でありました。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/コリオリの力#地球の自転によるコリオリの力

皆さんも一度ネットで調べてみてくださいね。「コリオリの力」‼︎

私達の活動がいつか「こりおりの力」と言われるようになれば嬉しいですが、地道に継続出来ればと願っております。

FullSizeRender