カメラを始めて一月足らず、何が撮りたいのか?と自問すれば「人が撮りたい。」と自答しています。

他社は知りませんがFUJIFILMを選んで良かったと思っています。最初は標準ズーム(18ー55mm)と、23mm単焦点F2を購入しましたが、人を撮るなら欠かせない画角のレンズ、35mm(換算53mm)の世界へと入りました。

そこでFUJINONNレンズ愛好者なら誰もが悩む「F1.4」か「F2」の問題。
単にレンズの明るさの問題ではなくて
発売も古くてAFも遅いし、ジージーと煩い、全群繰り出し方式のクラシックスタイルの「F1.4」レンズか、最新型でAFも早く音も静かで防塵防滴仕様で値段も安い「F2」レンズかという問題なのです。

私も御多分に漏れずネットで色々調べてみても迷うばかりでしたので、FUJIFILM大阪サービスステーションに行って実際に二つのレンズを装着して撮ってみました。

結論は、私は「F1.4」を選びました。

写真に何を求めるかによって結論は変わると思います。

実際のところ撮影した画像では殆ど差がわからないと言うのが正直な感想ですし、輪郭やシャープさなら最新型の「F2」の方がいいかもしれないです。
下の花の写真がその時の写真です。
でも人の写真になると俄然差が出てきます。
サービスステーションの方をモデルに撮らせてもらったのですが全然違うのです。アップ出来ないのが残念ですが、何かが違う、でもはっきりと違うのです。

「F2」
IMG_2859

「F1.4」
IMG_2841

これでは殆ど差が出てないですよね。
私の技術が未熟ですから両者の違いが出てくるようなカメラ設定ができていないからもありますが、でもよく見れば、上の方はクリアでシャープ、下の方は奥行き感があるところは感じてもらえるでしょうか?

実際に手に取って撮影してみて、サービスステーションの方の説明も聞いた上で私は、クラシックスタイルの「F1.4」を選びました。

上記のような写真では殆ど差がない両者でありますが実際に人を撮りだしてみると予想以上の差があるもので驚いています。

ネットで調べていたら両者の徹底比較したブログもありましたが、何かが違う原因がはっきりとわかってきました。
FullSizeRender


見ていただいたらわかるのですが、結果として言えるのは、味わい深さの差です。
料理の写真ならどちらが綺麗かではなくてどちらがが美味しそうなのかという違いです。

少し長くなったので、実際に私が撮った写真は次の投稿にします。