これまでの人生、脇目も振らずに尺八を吹いて来た感がありますが、まあそれが良かったのか悪かったのかは私には判りませんし、答えが出るのは死んでからでしょうね。

今までは、音にこだわって来た人生でした。
終活の一環というわけでもないのですが、最近、写真に興味が出てきました。
スマホでパシャパシャと惜しげも無く写しているのに少し疑問を感じていて、昔のフィルムカメラではないですが、あと残り何枚撮れるのかを大事にしながら写していくのが大事なのではないかと思っています。
単なるメモ替わりの写真ではなくて残していくための写真を撮りたいなと感じているのです。

最近のカメラはWI-FIなどスマホとの通信機能が充実しているのでインターネットとの接続が良くなっているのが魅力ですね。

というわけで、ここしばらくずっとミラーレス一眼のカタログを調べております。
今までは全くカメラの知識がなかったものですから、一から勉強です。

FullSizeRender



まだカメラも持っていないのですが、自分の撮りたい写真というものも決まってきて、機種やレンズも決まってきたもので、気分だけは写真家の様です。

FullSizeRender


当面はヨドバシ梅田をウロウロするのが続きそうですが、ネットで「写真の上達法」を調べていたら次の一文があり笑いました。

「写真家の作品を見ているだけで、自分が撮れるようになったと錯覚してはいけない。」笑

その通りですね。何事にも上達への道筋というものがあると思います。