FullSizeRender

約20年程前に手に入れた尺八です。
歌口キャップのサイズが八の太い尺八です。

重厚な音色と音幅の広い響きが好きで長年取っ組み合いをしてきたのですが、息があっという間に吸い取られる様に無くなるので、遂にとても吹きこなせないと断念して一旦はジェシー逅盟に委ねたのですが、彼女が新管を購入したのをきっかけとして、再度私の方に譲ってもらいました。

相変わらずの豪竹ぶりに手こずっておりましたが、先日来苦し紛れに色々試していたところ、フッと閃きがあり、急にこの尺八が懐いてくれて吹けるようになりました。
長い間の苦しみというかテーマでありましたから本当に嬉しいです。

そこで改めて名前をつけてやりました。
「六三四」です。


読み方は、普通に「むさし」と読んで頂ければいいのですが、本当の読み方は、約20年間取り組んでこの歳でやっと楽器に相手してもらえる様になったので「六三四(ろくじゅうさんし)」読むのが正しいのです。