さあ、正月休みも今日で終わりです。

明日からまた1年、仕事に、レッスンに、ライブにと精一杯頑張ります。

ところで、今日は山口五郎先生の命日です。山口五郎先生は、平成11年1月3日に御逝去されました。
享年64歳でした。
満年齢では63歳だったと思いますので、59歳で人間国宝になられて4年で亡くなられたと思います。本当に残念でした。

あの日は、松村蓬盟先生からお電話をいただきました。
「先程、山口先生が亡くなられたんだよ。」と言う松村先生の言葉に、私は直ぐに反応しました。
「今日は、松村先生の誕生日ですよね。松村先生の誕生日に山口五郎先生は逝かれたのですね。」
そのときの松村先生の言葉は明確に覚えてはいないのですが、確か
「そやねん、僕の誕生日に逝ってしまいよった。」
みたいな言葉だったと思います。
松村先生は山口先生より4歳年長でしたし、山口四郎先生に習われていましたから、山口先生とは、兄弟弟子の様でもあり、いい意味でお互いに競いあった仲だったのだろうと思います。

自分に振り返りますと、私も年齢だけは来月で山口先生の年齢を越えることになります。
もうそういう歳なんだなと認識するとともに、今は元気に尺八が吹けることに感謝して一層の精進を重ねていかなければいけないと念じております。

私自身、最近になってやっと分かりかけてきたところが多く、これからが本当の成長ができるのではないかと思える反面、早く次の代に伝えていかなければいけないという両面を強く感じております。