image
image
平成15年から11回開催しました「温故究音」シリーズが終わって、暫し心に空いた空間を楽しんでいます。

決してモラトリアムという訳ではなくて、チャレンジャーらしく又何か目標を見つけて向かって行くのだと思うのですが、そのためにも、一度、原点回顧をして自分の尺八人生をオーバーホールする時期が来ていると感じています。

車に例えるならば、エンジンもシャーシも一度完全に分割して各パーツから磨き直して歪みを取って組み立て直しをしていかないと、次の自分が見えてこないように思います。

一歩進む為に二歩下がることが必要だと感じています。

原点回顧、もう既に新しい自分に向かってスタートしています。