image
薫習庵心妙という言葉について調べていたら、以下の言葉が見つかりました。
以下、いくつかのネットの寄せ集めです。


幕末の剣客・千葉周作が開祖の北辰一刀流の免許皆伝には二種類あるといわれている。
「二種類あるといわれている」というのは、免許皆伝は一つであるが、その内容が人物によって二種類あるということである。
 まずその一つは心妙剣の極意、これは相手に加える狙いが悉くはずれぬ、いわゆる剣の達人のことである。
この極意は努力で得られるから、免許皆伝の人物は多いであろう。
二つ目は無相剣の極意。 
これは言葉では表現できないことはもちろん、技術的にも教えることが出来ないので、例話で表現される。
 
 (無相剣の極意) 

深山で、ある樵きこりが斧おのをふるって大木を伐っていた時、いつのまに来たのか、サトリという異獣が背後でそれを見ている。
「何者ぞ」と聞くと、
「サトリという獣に候」という。
あまりの珍しさに、樵はふと生け捕ろうと思った時、サトリは赤い口をあけて笑い、
「そのほう、今わしを生け捕ろうと思ったであろう」と言い当てた。
樵は驚き、この獣容易に生け捕れぬ、斧でうち殺してやろうと心中たくらむと、すかさずサトリは、
「そのほうは、斧でわしをうち殺そうと思ったであろう」といった。
樵は、馬鹿々々しくなり、
「思うことをこうも言い当てられては詮もない。相手にならず木を伐っていよう」と斧をとりなおすと、
「そのほう、今、もはや致し方なし、木を伐っていようと思うたであろう」とあざ笑ったが、樵はもはや相手にならず、どんどん木を伐っていた。

そのうち、はずみで斧の頭が柄から抜け、斧は無心に飛んで異獣の頭に当たった。

頭は無残に砕け、異獣は二言と発せずに死んでしまった。

人間の知識・技術の深妙さばかりが重視される現代社会への、警告とも受け止められる。
知識をフルに使い、偽物を造ったり、偽装したりするものの、
一つ間違えば大きなリスクを負う人や企業や国は言うに及ばず、
心妙剣ともいうべき邪よこしまでない知識の集大成であっても、
気が付けば大きなリスクを負っているのが現在の我々である。
知識なくしては人類の進歩はなかった。
しかし進歩の果てには、人類滅亡という大きなリスクがあることを知るべきである。
年末にあたり、進歩こそ最良であると思っていた、自分への警告としたい。
そして、無相・無我の境地に心を馳せてみたい。





剣術でいう無想剣の極意はそこにある。
この寓話は、おそらく創作上手の禅僧がつくった話だろうが、神田お玉が池の千葉周作はこの話しが好きで、門弟に目録や皆伝を与えるときは、必ず、
「剣には心妙剣と無想剣がある」
といった。
周作はいう。
「心妙剣とはなにか」

別名を実妙剣といい、自分が相手に加えようとする狙いがことごとくはずれぬ
達人のことで、剣もここまでいけば巧者というべきである。
しかしこの剣も、サトリの異獣のようにそれ以上の使い手が来れば破れてしまう。
無想剣とは、
「斧の頭」
なのだ。斧の頭には心がない。ただひたすらに無念無想で動く。
異獣サトリは心妙剣というべきであり、無想剣は斧の頭なのだ。
剣の最高の境地であり、ここまで達すれば百戦百勝が可能である、と千葉周作はいうのである。






オレの尊敬する60歳を超えた先生と剣を交わす。
打ちはオレの方がはるかに多く、試合ならば勝っているだろう。
しかし、稽古を終えた後、打ちのめされている自分に気づく。
たった5分程度の稽古で様々な基本的なことを思い知らされる。
邪気のない大らかな剣は、相手を倒す剣ではなく相手を活かす剣。

オレもまだまだ甘いが、もう40を過ぎた。
次の試合では勝つことよりも、相手を活かす剣を試してみたい。
斬られることを恐れるよりも、自らの剣に心を任せて打ってみたい。
それで斬られるならば本望である。