image
image
先日、やって来てくれた一尺八寸管の新しい仲間です。

昨年吹いていた一尺八寸管が太さと重さで右手が腱鞘炎を起してしまい、以来、飾ったままになっていた古管があったのですが、吹かずに置いておくのも可哀想だし、その音色も古曲向きの良い音色で好きですので、先日、以前習いに来られていた方の同じ古管と、無理をお願いして交換してもらいました。
その方とうまく相性が合わなければ交換は無理かなと思ったのですが、思ったよりその方とも相性が良くてすぐに朗々と太い良い音色で鳴らされたので納得して交換してくれましたので嬉しかったです。長い曲は吹かないので負担も無いようです。

そういう訳で私の所にやって来てくれた一尺八寸管は、決して細くも軽くも無いのですが、思いの外相性も良くて、同系統の良い音色で鳴ってくれて、八重衣の連続練習にも腕が悲鳴を挙げずに私と仲良くしてくれておりますので嬉しいです。

中々、深い音色で心に響く印象から「心妙(しんみょう)」と名付けました。試しに画数もみたら私の名前とはすごくいい画数のようです。