334bfdf5.jpg
今日は日帰りで東京です。

朝早く出て来たので、午前中少し時間がとれたので東横線白楽駅すぐのアンティークね色さんに寄ることができました。
今回は具体的な目的がある訳でなかったので事前に電話していなかったのですが、オーナーの石田さんもいてくれたので、数本息を入れさせていただきました。

初めての尺八に息を入れるときは本当にワクワクしますね。
数本の中で「梅旭」銘の一尺八寸管が印象に残りました。
商品ですから敢えて写真は撮りませんでした。
素晴らしい風格で、一筋縄では鳴ってくれませんが時間が経つほどに底知れぬものを感じさせる名管でした。
吹いてすぐに鳴り出す尺八とは違う、吹き手に相当な覚悟を求めてくる尺八とはこういうものかなと思いながら店を後にしました。