image
a5dcdbda.jpg
昨日は京都三曲協会の定期演奏会でした。

毎年、この日に決まっているので分かりやすいです。
今回は二回目の出演で、1曲目に「新娘道成寺」を三味線の本手と替手で尺八は1尺9寸管で演奏しました。
お声かけくださった大日三智子(おおくささちこ)先生に感謝しております。

もう一曲は、琴古流諸派で福田蘭童作曲「利根の舟歌」を尺八二重奏で演奏しました。
この曲は当時に流行した「昭和枯れすすき」を題材にした曲で、一定の年齢の方には懐かしいメロディーです。

竹盟社京都支部からは3人が出演しました。
私は、後列の左から二番目で立奏です。
ジェシー逅盟は、前列左から三番目でイスです。
他に、京都薫習庵に所属してジェシー逅盟に師事しております中塚賢純は前列右から二番目でイスです。