da329322.jpg
この度、竹盟社理事会において、ジェシー鳳純の琴古流尺八師範申請が認められましたので、竹盟社師範として竹号を「ジェシー逅盟(こうめい)」と改めました。(2017年1月)

「逅」は、邂逅(かいこう)の逅です。
幾つか候補の字がありましたが、既に使われていたりとか、画数面とか色んな要素を考慮して、最終的に本人と相談して決めました。
出会い、巡り会いの意味もあり、彼女に相応しいと思い選びました。スイスから日本文化に傾倒して来日し、武道の研究をする中で、尺八に出会い、そして、多くの人との出会いの中から私との縁があり、熱心に学び、師範となりましたが、稽古はまさにこれから始まるようなものですから、引き続き門下として勉強してまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
ジェシー逅盟自身は、既に「琴古流尺八教室 京都薫習庵」を立ち上げて独自の教授活動も始めております。

また、私自身も京都でレッスン活動をしており、京都三曲協会にも所属していることから、同理事会において設立が認められました「竹盟社京都支部」については、私が支部長に就任し、ジェシー逅盟を副支部長としてスタートいたします。
薫習庵尺八アライアンスのもとで連携して活動してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。
このため、私自身は、これまでの竹盟社奈良支部から京都支部に移りますが、故松村蓬盟門下としての「竹鈴会」には引き続き在籍して活動してまいりますのでよろしくお願いいたします。