b44cead4.jpg

ee4f8a0e.jpg

3c085065.jpg

昨日は何年か振りに竹鈴会の合奏研究会に参加してきました。

私の合奏の原点のようなものはやはりここかもしれないです。
奈良、正倉院の西側の転害門の近く、手貝町会議所です。

久し振りであることを示すかのように、温故究新の額の場所が集会室の南側から西側に変わっておりました。

私の合奏曲は、新青柳で糸方は銀明会の先生方でした。
松村蓬盟先生は、終曲で東北地方大震災の追悼により、残月をしみじみと心に残る演奏をされました。

写真は、手貝町会議所全景、後ろ姿の女性は愛知県からお越しいただきました安藤啓子先生です。
次は、温故究新の額、これも私の原点の一つです。
最後は、酒も飲まずに笹の露を熱演している藤田さんです。ちなみに三味線との間にワンカップ大関を置いて演奏されているのが分かりますでしょうか。面白いですね。ユニークです。

私の演奏は、いつもながら楽譜を丁寧になぞっている演奏でした。
女子プロゴルフの金田久美子プロが長い長いトンネルを猛練習で克服してプロ初勝利を手にしましたね。
私もトンネルを抜けてもう少し面白味のある演奏ができるよう、稽古してまいります