琴古流尺八 薫習庵Plus+ “日々、人生の置き土産”

 吉村としお(蒿盟) 琴古流尺八薫習庵の別館ブログです。 残りの人生、楽しめる間は楽しんで参ります。
 尺八おじさんの終活日記 それでも続く挑戦と反省の日々...。
 現在、オーソドックスで新しい尺八 金管尺八“心妙”を開発中です!!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

去年から購読している「ネットオーディオ」が季刊から定期刊化するくらいだから、Hi-Fiオーディオの世界は最近活気づいています。

デジタル技術とインターネットの発展によって、ソースの概念が日進月歩で発達しているからです。

1階のオーディオセットを新しく揃えるために去年から、雑誌を読んで、梅田ヨドバシカメラをうろうろして勉強しているものの、季刊ごとに届く雑誌の中身が前回号とあまりにも変化が早いため、ついていけないので、セットの中身が全然決まらないのです。

プリメインアンプとスピーカーは、ぞれぞれアキュフェーズとパイオニアには決めているのですが、音の入り口の構成が決まらないのです。
というのは、USBオーディオかネットオーディオかについてはネットオーディオにしようかと決めていたのですが、最新号ではDSDオーディオの選択肢が増えているので迷っています。

クラシックやボーカルも聴くと言ってもやはり中心になるのは邦楽演奏ですから、生録音のソースが一番多くなると思いますので、スタジオレコーディングのスタンダード技術であるDSDが家庭でも扱える選択肢ができたということは大変魅力的だからです。

理論的にも、現在一般的なPCM音源は、入り口と出口はDSDだという風に書かれていますので、そうなれば中間技術はカットしてDSDのネイティブ再生は魅力的な音源だと思う訳です。
それに、今までいくらアナログ音源の音色が素晴らしいのは分かっていても今更アナログレコードの世界に戻る気にはならないし、とりあえずは扱いやすいCDで多少ぱさついた薄い音でも仕方がないかと思っていたのですが、やっとこれでアナログを超えるデジタル音源が身近な存在になると思うと大変期待するのは当然だと思うのです。

ところが、PCM音源では、優秀なネットワークプレーヤーが各社から出ているのですが、DSDのネイティブ再生を扱えるネットワークプレーヤーが発売されていないため、DNLA対応のNASと組み合わせた再生ができないのです。

今、現時点では、KORGのMR-2000Sを使うか、FOSTEXのHP-A8を使うか、またはSONYのSACDプレーヤーSCD−5400ESを使用するかが私にとっての現実的な選択肢であるのですが、どれも帯に短し襷に長しというところで物足りないのです。

要は私が欲しいのは、PIONEERのネットワークプレーヤーN-50がPCMとDSDの両方を扱えるようになって欲しいのですが、無理なのでしょうかね。

別にPIONEERでなくていいのですが、MARANTZでもONKYOでもSONYでもいいのですが、早く発売してほしいです。メーカーの方宜しくお願いします。

でも私がいうまでもなく、多分とっくにメーカーでは開発済みだと思いますので、次期「ネットワークオーディオ」には、新製品コーナーに掲載されていることを期待しています。

とりあえず、明日は梅田ハービスエントのソニープラザでSACD(DSD)のHi-Fiオーディオ試聴会があるとHPに出ていたので聴きに行ってきます




自分のプロフィールを書くなんて結構気恥ずかしいものですが、ひとつ固めておけばこれから便利かなと思ってUPしました。

改めて眺めてみると、私というのは結構晩生な人生なんだなと思います。
大学に入って尺八を始めた頃は、とにかく早く習いたくて、師匠の修了印が欲しくて一生懸命に稽古しました。
その結果として、創部以来初めてのペースだと言われるのが嬉しくて、初伝、中伝、奥伝(準師範)の免状を大学3年のときに頂いたとき、一応名前もいただき、私は早手な方だと思っていたものでした。

しかしながら卒業して、クラブから離れいざ古典を吹こうと思ったとき、六段、黒髪も一人ではまともに吹ける力が、自分には備わっていないということが分かり愕然としたのでした。

そのため、23歳のとき松村蓬盟先生に入門したときは、免状はできるだけ遅くいただき、しっかりと力を付けていくことを大事にしようと決めておりました。

結果として、師範免状を頂いたのは入門から13年が経っておりました。

歳を重ねるごとに私は晩生の方だったのだと感じるとともに、それで良かったと考えています。
それとともに自分が目指していく部分というものが狭くなっているのも確かであり、いつになったら六段、黒髪がまともに吹けるようになれるのだろうか、というか、せめて六段、黒髪だけでもまともに吹けるようになりたいと思う最近の私です

昨年の3月6日で卒酒して丁度1年が経ちました。

きっかけは色んなことが重なってありましたので決して一つの理由で辞めたという訳ではありません。
でも、お蔭様で体調も良くなり、長い間気づかないうちに苦しんでいた喘息からもきちんと投薬治療することで完治し開放されましたので、もうお酒を復活する理由もありません。
お酒を辞めたことで失ったこともきっと多いのだと思いますが、時間をはじめとして辞めたことで取り戻せたものも多くありますので、戻りたいとは思わないです。

ところで、今年の10月16日第7回温故究音のチラシが近いうちに出来上がります。
我が家の一応愛犬であるバニラ(バニ公)のお蔭で、ご近所に犬ともが沢山できて、そのうちのお一人がグラフィックデザイナーをしているので相談したところ私のイメージどおりのチラシデザインを完成させてくれました。

近いうちにはUPできると思いますが、今回の曲目は、「酒(笹の露)」、「真虚霊」、「融(大阪系)」の3曲、果たして、酒を飲まぬは只の人〜♪ の笹の露は一体どんな演奏になるのかなと楽しみにしております。

以前、写真で紹介しましたが、竹鈴会合奏研究会の藤田氏のように目の前にワンカップ大関でも置いて演奏すれば多少は粋な演奏になるのかもしれませんが、私にはとてもそんな勇気(ユーモア)はないです

今日は午前中のレッスンが終わってすぐに車で京都の堀川音楽高校ホールまで行ってきました。

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター
平成23年度第3回公開講座
久保田敏子所長退任記念講演
「山田検校の魅力を探る」
 を聴くためでしたが、行って良かったです。
講演も分かりやすい解説で良かったですし、四世萩岡松韻ほかの皆様の演奏が素晴らしかったです。

萩岡親子の演奏を楽しみにしていたのですが妹の信乃さんがインフ
ルエンザということでこれなかったのが残念でしたが、今日の演奏は十分に素晴らしかったです。

今日の目的の一つであった小督曲の楽のところの調子の謎が解けて良かったです。
ある市販CDの小督曲の演奏の楽の調弦の不協和音がどうしても納得できなかったですが、今日の演奏を聴いて、やはりそれは変だったというのが分かりました。

今日の
解説ではそこの調子は雅楽調子でわざと音と音がぶつかって不協和音になるのをあえて使っているということでしたが、今日の演奏ではその不協和音の部分も高い次元で調和しているのが分かったからです。

素晴らしい演奏でした

急に英語ばかりで解説もなくて申し訳ありませんでした。

いつも一本竹の会でお世話になっている西田壬山先生からメールがあってFacebookに案内が載ってるから宣伝してくださいとのことでしたので、とりあえずコピペしたのです。
私が英語が得意ということではありません。
この英文は岡田拓山さんです。

いつもの一本竹の会は8月11日(土)に予定しておりますが、西田先生のご提案で6月5日に京都国際尺八フェスティバルの協賛事業として高槻で尺八本曲独奏会を次のとおり開催するものです。


2012国際尺八音楽フェスティバルIN 京都
協賛事業
尺八本曲独奏会「一本竹」国際親善交流演奏会
趣旨
今般、京都での国際尺八フェスティバルには、世界からの尺八愛好家が集われます。
本曲独奏会「一本竹」といたしましては、当初より、尺八の国際的普及を目的の一つとして掲げて、留学生招待等の活動をしてまいりましたが、京都に近いという地の利を生かせていただき、一本竹特別行事として、国際親善交流独奏会「一本竹」を計画させていただきました。

日 時 2012年6月5日  AM10:00〜PM8:00
場 所 高槻市生涯学習センター 多目的ホール
参加費  一人1曲 10分   5,000円
      団体1曲 10分  10,000円
条 件  日本人  本曲のみ
      外国人  制約なし
備 考   参加人数により開演時間、持ち時間の変更がありますのでご了承願います。

親善交流会会費  3,000円  演奏終了後

申し込み  Facebookにて受付
        西田壬山 岡田拓山 神崎憲 吉村蒿盟 まで
        国籍・氏名・曲目・演奏時間・連絡方法・滞在中の連絡先メール
締め切り  2012年5月31日 又は 50名

参加希望の方はFacebook等で連絡してくださってもいいですし、私もお手伝いしてますので私に連絡をいただいても構いませんのでよろしくお願いします

Supporter of the 2012 World Shakuhachi Festival in Kyoto

  Internationa Friendship Concert
     "一本竹(Ippontake)" Shakuhachi Honkyoku Concert
 
...      Shakuhachi lovers from all over the world will gather for the 2012 World Shakuhachi Festival in Kyoto. The "一本竹(Ippontake)" concert series has as its objective the international propagation of the shakuhachi. We have invited international students to our concerts, among other thing. Taking advantage of our proximity to Kyoto, we have planned the special event,
"一本竹(Ippontake)" International Friendship Concert.
            Jinzan Nishida, Directer of "一本竹(Ippontake)"
 
Date and time : 10am - 8pm, Tuesday, June 5th, 2012
Place : The Multipurpose Hall of Takatsuki-shi Shogai Gakushu
Center
Performance fee : \5,000- one piece per person,
10 minutes playing time
           \10,000- one piece per group,
10 minutes playing time
Selection of piece : Japanese performers : honkyoku only
             (Foreigners may perform anything they like.)
Remarks : If there is a large number of participants,
the starting time may be changed,
and the 10 minutes playing time may be shortened.
 
Post-concert party : \3,000- (participation not required)
 
    Registration is accepted at Facebook
 
 Please specify your name, nationality, how to contact now,
a name of a piece to be performed, playing time, and how to contact while in Japan.
 
    Please apply to Jinzan Nishida (西田壬山),
Takuzan Okada (岡田拓山), Ken Kanzaki (神崎 憲)
or Komei Yoshimura (吉村蒿盟)
 
 Deadline : May 31st, 2012 (up to 50 people will be accepted)

  Access
   ●Hankyu Railway
    About 20 minutes to Takatsukishi Station from Kawaramachi
or Karasuma Stations
    About 10 minutes walk from the station, 500m west of
the Takatsukishi Station
 
   ●JR
    About 20 minutes to Takatsuki Station from Kyoto Station
    About 15 minutes walk from the station, 800m south of
the Takatsuki Station

参加者募集しております。
もちろん私も演奏予定です。第1回目から皆勤ですから

81dbfe05.jpg
今日は、細やかですが薫習庵有志による山口くんの送別会でした。

10年前に虚無僧君として私のところにやって来たときとは、音も考え方もすっかり変わりました。

そして一番変わったと言えばスバルレガシーワゴンの新車でお稽古に来るようになったことかもしれませんね。

その分、私が歳をとったということです。
今日は有志の皆さんと一緒に彼の門出をお祝いすることができて良かったです

ae16bbd9.jpg
今、帰りの電車の中です。
今日は、仕事先の送別会の一つ目がありました。
花束をいただいたもので、そのまま電車で持って帰っているところです。

丸40年勤めましたのでこういうこともたまにはあるかと考えると、何だか不思議と恥ずかしくはないです。

後1月半、悔いの無いようにけじめをつけていきたいと思います

今日は、夜中からの雪で朝起きたら家の周りは銀世界でした。
10時からの奈良での合奏研究会に間に合うのか一瞬不安がよぎりましたが、どうにか間に合うことができて良かったです。

私の課題曲の「御山獅子」もどうにか無事に演奏することができましたが、師匠の松村蓬盟先生からは、音色の音出しの工夫、ユリの使い方、装飾音の使い方などにアドバイスをいただきました。この歳になってくると助言を頂けることは本当にありがたいと思います。今回指摘頂いたところは実は以前からも言われていることでして、一旦身についてしまっている部分を修正していくのは中々大変ですが、普段の稽古のときから気を付けて修正していこうと思います。

さて、合奏研究会の方は途中で失礼をして、夕方からは「平成24年度西宮三曲協会総会」に行ってきました。
私が総務担当(事務局)をしておりますので、無事に終わってほっとしております。
今年は、特に「第100回記念西宮三曲協会定期演奏会」が8月26日(日)兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールでありますので、スムーズに進むのか少し心配でしたが、何回も役員会等で事前に話をしていたせいか、早くまとまって良かったです。
こういうことは理事の皆さんの気持ちが一つの方向に向かったまとまらないと絶対に成功しないと思いますので、気持ちをまとめていけれるようにすることを第一義としていきたいと思います。

明日は、富永澄子先生の寿三の会の初弾き会がありますので、お稽古したかったですが、結局はできず終いで少々不安ですが、まずはぐっすり休んで体調を整えることにします。

明日は「尾上の松」、「五段砧」、「春の夜」、「春の海」を吹きます。
滅多に持ち歩かないので1尺6寸管を忘れないようにしないといけないです

このページのトップヘ