薫習庵琴古流尺八アライアンス Kunjuan Kinko-Ryu Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生ネット稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto-Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

image

今回は、山田流の藤村博己先生並びに関西箏楽会の皆さんをゲストにお迎えしての古典ライブです。

阪神淡路大震災から22年が過ぎて、私自身の節目としても、今回は神戸で是非とも開催したかったのです。

薫習庵からはジェシー逅盟のほかに、これから神戸での活動を期待して神戸在住の伊倉義弘にも助演をさせてライブの経験を積ませていきます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。
先ずは、チラシだけアップさせていただきます。

image
昨日は、午前中に神戸で合奏研究会に参加してました。私は「打盤(うちばん)」と言う曲を吹きました。

その折、琴古流尺八楽譜を提供してくださってる今井幸盟先生が、多分楽譜の申し込みFAXだと思うのだけれど、9月22日頃に白紙のFAXが届いたのだけれど誰からかわからないので返事できないままになってる方がいますと伺いました。

今井先生は大変に返信の早い方ですので、幸盟会楽譜をFAXで申し込まれた方で未だ楽譜が届かないという方がおられましたら、ひょっとしたらFAX用紙が表裏逆に送信されている可能性があります。

もしそんな方がおられましたら、○月○日頃にFAXしてのですがと添え書きしていただいて再度FAXで申し込みくださいますようお願いします。

先月に書きましたが、私の唯一の作譜楽譜であります「さらし」の楽譜も「早晒しバージョン」として既に完成して提供できるようになっています。近日中に再度リストはアップしますが、お急ぎの方は、「吉村蒿盟作譜の早晒しの楽譜」と書いて頂ければ大丈夫です。

宜しくお願いします。

image
先日、帰宅しましたら玄関に置いてあるスリッパが変わっていました。

これまではいわゆる夏向きの藤が表面になってるタイプだったのですが、衣替えの時期で冬タイプ用に買ってくれたようです。

早速履いてみるとモコモコしていて包まれるようでとても気持ちがよくて、スプーン一杯の幸せならぬ「スリッパ一杯の幸せ」と言う言葉が浮かびました。


先日来、不本意ながらブログ記事では皆様に低レベルな投稿で不愉快な思いをさせていること大変に申し訳なく思います。

ブログというツールでネット社会に参加している以上、こういうリスクは覚悟していなければいけないとは、理屈ではわかっていても、いざ色々な投稿に合いますとどうしたものかと悩みます。

私はこのように自分の名前や立場を明らかにしてネット社会に参加していますが、世の中には、匿名で自分には火の粉がかからない安全なところからものだけ言う色んな方がいるものだと改めて思いました。

漕ぎもせず泳ぎもしないで人を嘲笑うのではなく、下手でもいいから、必死の形相で人に笑われてもいいから、私は自分の力で精一杯泳いでいきたいと思います。





image
昨日は打ち上げでかなり飲みましたので、いい気持ちでやっと帰宅して、すぐに眠りたいところでしたが、ジェシーリサイタルが無事に終わったことの御報告だけはしないといけないと思ってブログ投稿して寝たのです。

ところが、朝一番からジェシー逅盟からコメントが短いというクレームのメールです。

親の心子知らずというところでしょうか。

そこで先程は少し頑張って書いたのでした。これでジェシーから怒られずに済むのでしょうか?

さて、今度の写真は、只の角帯二本です。
クイズではありません。
左は40年前に今は亡き母親が一生懸命に作ってくれた角帯で以来ずっと締めて来たものです。もう糸もかなりほつれてボロボロになってしまいました。

右は、今年の祇園祭りの時に買った角帯です。今回の温故究音の会で大きな会は終わりと考えていますので、母親の角帯からもケジメをつけて離れることにしました。
と言うわけで、昨日のジェシーリサイタルで初めて右の角帯を締めて舞台に上がりました。と言えばなかなか綺麗な話に思えるかも知れませんが、真実のところはお腹周りが成長してきてこれまでの角帯では短くなってきたという理由もあります。

ちなみに前の投稿で出しましたクイズというか質問ですが、左右どちらの百合が本物でどちらが偽物かお分かりでしょうか?

答えは昨日の投稿に書いてありますのでご確認下さい。

このページのトップヘ