薫習庵琴古流尺八アライアンス Kunjuan Kinko-Ryu Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生ネット稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto-Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

最近、入門しましたジェシーさんです。
彼女は、現在、黒髪から琴古流の古曲を私の下で熱心に習っています。

先日、京都松尾神社駅近くのお店でありました、ささやかでも心温まる彼女の師範試験合格パーティに呼んでいただきましたので、出席してきました。楽しいひととき、帰りの阪急電車での写真です。

彼女は、先月、仙台でありました都山流の師範試験を優秀な成績で合格したのですが、試験の翌日に、師匠からのメールで、レッスンの終了と元師匠への再転門を提案されたことから、急遽、元師匠が彼女のために退会していた流派に復籍する手続きをとったうえで、無事、師範免状を取得することができたのです。

それを機会に、芸の幅を広げたいとの思いから、元師匠の許可を得て、元師匠と一緒に稽古場を見学いただき、私に正式に入門して、新たな道を歩み始めたのです。

今後は他のお弟子さん同様、厳しい稽古をして参りますので、皆様どうぞ宜しくお願いいたします。


69afce4d.jpg



 

昨日は忙しくもあり、楽しい一日でした。
お陰様で薫習庵公開勉強会無事に終わりました。

細かくには色々ありましたが、塾生の皆さんが去年より凄く上達しているのがわかり、大変嬉しいです。



吉村蒿盟 拝



今日は、明日の薫習庵公開勉強会に向けて、福岡県から山口籟盟さんが一年ぶりにレッスンに来ておりました。
彼が明日演奏する、尾上の松のほか、吾妻の曲、曙菅垣、三津山、八重衣などを一緒に吹きました。

後は、私の3本の一尺八寸管を吹いてもらったりしましたが、改めて、自分で自分の音は判らないと思いました。

信頼できる人に吹いてもらって聴いたり、自分の音をしっかり聴いてもらって忌憚のない感想をもらって判断することが大切だと思いました。

平成26年7月6日(日)午後0時30分開演、午後4時過ぎ終演
西宮市立甲東ホール(阪急電車「甲東園駅」下車すぐ、アプリ甲東4階)
第10回薫習庵琴古流尺八公開勉強会
お時間のある方、お越しをお待ちしております。

先日の、3本の一尺八寸管、長さが右のものだけ違うのにお気づきでしょうか?

普通、長ければピッチが下がりますが、この3本はこれで殆どピッチは同律です。
尺八は、内径がそれぞれに全然違いますし、内径のバランスや内側表面の磨き方や仕上げ方が違いますので、それによってピッチも長さだけではない要素で決まってくるのです。

単純に解説すれば、真ん中の「延べ四郎」が内径が現代管に比較して断然広く、竹材が太く、竹質も粘りがあるので、息があっという間に無くなってしまうというか吸い取られてしまうような感覚になるのだと思います。

左側の「義教」もそれに同じくらいの広い作りなのですが、竹材が柔らかいので管全体が鳴ってくれるので、延べ四郎よりは吹きやすいとなるのです。

右の「清流」は、基本的には現代管ですので、内径が上二本に比較すればかなり狭いですからピッチのオクターブのばらつきも少なく、吹きやすいのだと思います。

それぞれの個性を生かした使い方ができればいいかなと思いますが、マイブームで時期時期で偏ってしまいます。

 

私のお気に入りの一尺八寸管です。
左から、
無銘清流義教作 とても吹きやすくて、豊かなで柔らかい音色です。愛称は「義教、ぎきょう」です。
真ん中は、
山口四郎銘の延べ管です。重厚でいて艶のある音色が特徴です。とても息が必要ですので、体調が良い時でないと吹けないタフな管です。愛称は「延べ四郎」です。
右は、
小林一城銘、音色が爽やかで気持ち良く響きが良いのが特徴です。古曲から現代曲までこなせるオールラウンダー管です。愛称は「清流、せいりゅう」です。

どれも縁があって私の所に来てくれた名管です。
この三本の八寸管だけは手離しません。



吉村蒿盟 拝



このページのトップヘ