薫習庵琴古流尺八アライアンス Kunjuan Kinko-Ryu Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生ネット稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto-Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.


いつも演奏会や古典ライブの情報を掲載してくれている邦楽ジャーナルの新年号に掲載予定の名刺広告(案)です。

今年は竹盟社京都支部設立の記念の年でもありますし、ジェシー逅盟と一緒にこれからも薫習庵/京都薫習庵を育てていきたいと考えておりますので、連名の名刺広告としました、どうぞよろしくお願い申し上げます。


こじんまりしてるイルミネーションですが、手作り感が出ているJR西宮名塩駅からバス停ロータリーに繋がる階段の様子です。

正に平成元年の最初の日に引っ越してきて、最初の雪の日にはエラい所に越してきたなあという感じだったのですがそれから早くも30年になろうとしてます。

私の人生で、結局は一番長く住んだ所という意味では既に確定しています。

仮に明日どこかに引っ越ししたとしてもです。



今年を振り返ってみると、レコードの音の良さに驚いたことも、私にとってはインパクトのある出来事でした。

早速に、アンプ、スピーカーに見合ったレコードプレーヤーをヤフオクで買って時々聴いて楽しんでいます。

中古レコード店に行くのが最新の趣味という感じですが、残念ながら地歌のLPレコードはありませんね。

どなたか地歌レコードをお持ちでもう必要ないという方がおられたら、譲っていただきたいです。

ヤフオクで見て少し購入しましたがかなり高いので躊躇してます。

尺八のレコードは必要無いです。
尺八は自分が吹く立場ですから、鑑賞ではなくてあくまで参考音源として聴きますのでCDで十分です。

地歌の場合は鑑賞として聴きますので、一応オーディオ好きとして音質にこだわりが出てきます。特に三味線の様にパルッシブでサワリのついてる楽器はアナログレコードの方が遥かに臨場感がでます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。
連絡お待ちしております。


昨日は、平成29年薫習庵・京都薫習庵(竹盟社京都支部)の合奏研究会並びに納会が無事に終わりました。


今回は、京都薫習庵が生まれて丁度一年、竹盟社京都支部がスタートした記念の年でもあり、ジェシー逅盟さんに全面的にお世話いただきました。大変お疲れ様でした。ありがとうございました。


糸方賛助は、普段から勉強させていただいております大日三智子(おおくささちこ)先生ほか、今西真智子先生、笠石美代子先生をご紹介いただきお願いしました。

長時間本当にありがとうございました。お陰様で充実したいい研究会ができました。今後とも御指導宜しくお願い申し上げます。


順次アップしますが、今回は新人とベテランがそれぞれに努力と研究の成果が出ていたと思いました。

ジェシー逅盟さん共々指導する立場としても大いに充実感を味わえた1日でした。



薫習庵合奏研究会の様子を順次アップしていきます。

1曲目 黒髪  
尺八、山西弘久さんは、今年4月に大学院卒業して就職すると同時に薫習庵に入門した方です。


2曲目 黒髪
尺八、鳥居久倫さんは去年の8月に薫習庵に入門した方です。全くの偶然ですが、山西さんが就職した同じ会社の先輩です。


3曲目 黒髪
尺八、中村佳夫さんは今年6月に薫習庵に入門した方です。ずっと以前は都山流をされていた方です。数十年ぶりに復活して今度は琴古流で熱心に学んでいます。

それぞれ、私から声を出すこともほとんどなく、立派に単管で演奏できました。
大変お疲れ様でした。




このページのトップヘ