琴古流尺八 薫習庵Plus+ “ゆっくり まっすぐ とまらずに”

 琴古流尺八薫習庵の別館ブログです。 残りの人生、楽しめる間は楽しんで参ります。
 カメラを掛けた尺八おじさんの終活日記 それでも続く挑戦と反省の日々...。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

今週、水曜日の大阪田波楽器教室でのレッスンの様子をYouTube動画にアップしました。

薫習庵では、全てマンツーマン指導で個性に応じたきめ細かなレッスンを行っています。

今回は、尺八を始めて3年の山西さんの「玉川」のレッスンの後半を少し撮ってみました。
レッスンの雰囲気が伝わりますでしょうか。



薫習庵で一緒に尺八の練習をしましよう。
レッスンのお申込みをお待ちしております。







 

昨日は午後から少しドライブしてきました。

本当は四国の方まで行きたかったのですが、まだ府県境をまたぐのは自粛した方がいいということで、結局は近場の丹波篠山まで行ってきました。

立杭焼の今田町にも行きたかったのですが、火曜日は立杭の里も篠山の町も定休日ということでほとんどの店がお休みでしたので、少しだけお土産を買って帰ってきただけになりましたが、少しハンドルを握っただけでも気分転換になりましたので楽しかったです。

そういう訳で、午前中に少し時間がありましたからYouTube動画を撮ってみました。
今回のテーマは、「循環呼吸」を使ってアンブシェアというか吹くための身体内部のバランスの確認をしてみました。
細かい説明をするトークが目的の動画ではありませんので、どういうバランスなのかは多分伝わらないとは思いますが、とにかく一緒に練習してみましょうというのが私の動画のスタイルです。

失敗も含めて実践あるのみです。
今回は一切編集しておりませんので、確認のために時計を置いてみました。笑笑
まさに失敗の連続ですが、シャツのボタンが外れていたのには参りました。笑笑

では、皆さんも一尺八寸管を持って一緒に超ロングトーン(循環呼吸)を使って、どうやれば吹きやすいバランスが取れるのか練習してみてください。
息が循環できるかどうかはどうでもいいことであって、それを目指して練習する中で何かを見つけて身体に刷り込んでいただければいいと思います。


無理して倒れないようにしてくださいね。

丹波篠山の土産物店の写真です。
今回は、FUJIFILM XF16-55丱此璽爛譽鵐困鮖っていきました。
ズームレンズとは思えない写りの良さと色乗りの良さを感じる素晴らしさです。

IMG_7248
IMG_7254
IMG_7249
IMG_7250
IMG_7251
IMG_7252

最後の青白磁は気に入りましたが手も足も出ませんでした。



YouTube動画「一緒に尺八の練習をしましょう。」シリーズのvol.002〜004をアップしましたので、一尺八寸管をお持ちの方は一緒に練習をしましょう。
今回は、西宮名塩教室(自宅)で初めて撮ってみました。


一緒に尺八の練習をしましょう。vol.002
先ずは、ロングトーンからです。


次は、尺八の五音階練習をしましょう。
半音メリ、1音メリの感覚を身体で覚えるまでやることが大事です。




最後は、「四季の眺」の前歌の転調部分の練習をしましょう。
楽譜をお持ちの方は一緒に練習をしましょう。



知識や情報としてではなく、反復継続で身体に刷り込みをしましょう。


緊急事態宣言の解除とともに、世の中が動き始めましたね。
いわゆる「ウイズコロナ」時代の始まりなのかもしれません。

さて、昨日は田波楽器教室の再開ということで、カメラを持参して、ある意味で初めてのYouTube動画を撮ってみました。


いずれはもう少し編集してみるのもいいかなと思っているのですが、私のYouTube動画のコンセプトは「一緒に尺八の練習をしましょう。」ですので、極力トークはしないで、ひたすら一緒に吹く、しかも同じことを反復継続してただ吹く、ことを目指していきたいと思っています。


いざ、やってみて感じたのは思った以上に自分自身の勉強になると思いました。
自己チェック用ということだけではなくて、もっと直接的な言葉として自分の勉強になるということです。

IMG_7211
IMG_7210
FUJIFILM XーH1と16ー55mmズームレンズ
重たいですー。笑笑

自分の動画をYouTubeに恥ずかしげもなくアップするということは、それなりに勇気のいることです。

単なる一歩であるかも知れないですが、ちょっと歩幅を広げてみて、一瞬だけでも両足が地面から離れた一歩にトライしてみて、その瞬間に見えた景色の中に明日の自分を探ってみたいと思います。

私のYouTube動画には批判もコメントも求めてはおりません。笑笑
でもチャンネル登録は宜しくお願い申し上げます。

ただ、一緒に尺八を持って一緒に息を重ねてくださる方がいてくだされば嬉しいです。

レッスンに際しては、新型コロナウイルスに対する除菌効果が確認された全日空商事の「A2Care」スプレーを使用しております。

FullSizeRender

「A2Care」は、新型コロナウイルスに対する除菌効果が確認されたことで、最近注目度がアップすると共に価格の高騰が起こり、入手も困難になっている除菌消臭スプレーです。

以前から勤務先の会社で使用しているもので新型コロナウイルスの問題が発生した時にまとめて購入しておきましたので十分な量を確保しております。

IMG_7205
西宮名塩自宅教室でも使用しております。

FullSizeRender
IMG_7203
田波楽器教室には、車に常備しているものを使用します。

「MADE IN JAPAN」が心強いです。

今日(令和2(2020)年6月3日)から、大阪市西区九条南にあります「田波楽器教室」の再開です。

2カ月余りの閉鎖でしたが、この間に世の中が随分変化してしまいましたね。
なんだか人と直接に会うということが悪いことのような風潮になってしまいました。

新型コロナウイルスの感染リスクを抑えるためには三密は避けなければいけないのは当然に大切なことなのですが、これはあくまで手法であります。

マナーであり、エチケットであり、ツールであることが現在の風潮の中で善悪に変化してしまっている様な気がして、どこかで本末転倒していないかなと思っています。

私は三密を避けることを否定しているのではありません。もちろん守らないといけないのですが、本質的なところで勘違いしてはいけないとも思っています。

そこをきちんと捉えていかないと新型コロナウイルスが去ったときにギスギスした世の中だけが残っているようなことになる寂しさを感じています。

オンラインで伝わるものはあくまでも表面的なものであって非常時のツールであり、日常的なものとなったとしても補助的なものだと思います。

今日からのレッスン再開で、これからどんな風に変化していくのか、いつものように走りながらより良い方法を探っていきたいと思います。

FullSizeRender
玄関前のサボテンの花です。

IMG_7198
アマリリスの花が長く咲いています。

自分が望む日常を選択するためには、それを支える基盤というものの安定が無くては実現できません。

「鳩を飛ばすだけでは平和は作れない。」は、昔に読んだ「なだいなだ」の本にありましたが、人間の頭脳に前頭葉が付いてる限り、人は戦争をする動物なのかもしれません。

その上で平和を守るということは、絶妙なパワーバランスの綱渡りのようなものなのだということを実感しております。
昨日のトランプ大統領の演説は、アメリカの企業にとっても大打撃となるものであり、香港への優遇措置の廃止の決定は、何よりも自由を守るという強い意志の現れとして歴史に残るスピーチになると思います。

FullSizeRender

現在の全世界において、巨大国の中で唯一無謀な拡大路線に猛進する中国への鉄槌として、このスピーチが有効に機能してくれることを願うばかりですが、中国の反応次第では一触即発の事実上の戦争状態になると思います。

日本のマスコミでは「新冷戦」と言う言葉が使われていますが、私は違うと思います。

私は、このスピーチに対して「ハルノート」のような悪意は感じませんが、無謀な拡大路線をやめようとしない中国共産党政権に対する最後通牒であると言うことは言えると思います。
中国習近平政権がどう反応するのか固唾を飲んで見守っています。

是非とも香港の一国二制度を守って国際公約を守るように踏み止まって欲しいものです。
中国習近平政権の拡大路線は、台湾問題を初めとしてインド、ロシア、南シナ海や日本の尖閣諸島問題など本当に多くの国境紛争を起こしていますが、国内には三峡ダム問題という爆弾を抱えています。
今や見て見ないフリをするしかない政権には一日も早くこの問題に真摯に向き合って欲しいと思います。

FullSizeRender

話が大きくなってしまいましたが、私が好きな尺八を吹けるという日常には、ファンダメンタルなところで大きなものに支えられているのだという意識を改めて感じました。

トランプ大統領の昨日の演説が、彼の得意な交渉術の大きな一枚のカードとして機能してくれることを心から願い、中国にとって事実上の「ハルノート」になることがないよう心底願っております。

写真を撮り始めてから改めて感じているのですが、「人生には、後では無い。」ですね。
つくづくそう思います。

例えば、何処かに用事で向かっているときに、ふと目にした光景に目が止まって、写真を撮りたいなと思っても、じっくりと画角や構図を考えているような余裕がないため、帰りに撮ろうと考えて通り過ごすと結局は撮れず終いになることが多いです。
帰りは人が一緒だったり、ルートが変わったり、また日が暮れて撮りたかった構図とは違っていたりします。

そのため、あっ、いいなと思ったときは出来る限りそのときに戻ってカメラを構えるようにしているのですが、そのためには常に時間等にも余裕をもって行動しておく必要がありますし、その日のルートに見合ったレンズを最初から選んで付けておく必要もあります。

結局は人生も全て同じですね。
チャンスが来たときに迷わず判断して時流に乗って行動しておかないと、後になってあのときこうしておけば良かったああしておけば良かったと後悔してもあとの祭りです。

IMG_7178
IMG_7177

人生の旬というのはそんなに長い訳では無いです。
後悔はしたく無いものです。

今日は、近所に薔薇の美しい家があったのを夕方に思い出して、カメラを持って出掛けたのですが、時すでに遅し、薔薇はピークを過ぎて枯れ始めているものばかりでした。残念!

IMG_7174
IMG_7175


一週間ほど前に気付いていたので早く撮りに行こうと思いつつタイミングを失ってしまいました。


IMG_7179
このアマリリスは7年程前に娘から届いた母の日のプレゼントです。
年々花は小さくなってはいますが今年も鮮やかな花を咲かせてくれました。

平成27年頃の「菊若啓州の世界」及び「菊若啓州地唄の世界」から、私が賛助出演のときのDVDをいただいておりましたので幾つかYouTubeにアップしました。

大変長い曲ですのでお時間のあるときに見てください。

三津山

FullSizeRender
三津山の演奏は珍しいと思います。
この曲を演奏出来る機会に恵まれたのは幸せでしたし、多分最初で最後だと思います。
三絃は、東京から富田清邦先生がゲスト出演でした。
尺八は二尺管の通しで持ち替え無しです。

新さらし

FullSizeRender
新さらしの演奏も珍しいと思います。
この曲を頼まれたときは楽譜が無くて慌てましたし、入手出来てからも演奏が難しくてかなり難儀しました。


萌春

FullSizeRender
これは少しおまけのような感じかな、菊若先生も私も古典の人間ですからね。
菊若先生からのリクエストでしたが難しい曲ですから大変でした。でも好きな曲ですので楽しかったです。

このページのトップヘ