薫習庵琴古流尺八アライアンス Kunjuan Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生NET稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto-Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.

da329322.jpg
この度、竹盟社理事会において、ジェシー鳳純の琴古流尺八師範申請が認められましたので、竹盟社師範として竹号を「ジェシー逅盟(こうめい)」と改めました。(2017年1月)

「逅」は、邂逅(かいこう)の逅です。
幾つか候補の字がありましたが、既に使われていたりとか、画数面とか色んな要素を考慮して、最終的に本人と相談して決めました。
出会い、巡り会いの意味もあり、彼女に相応しいと思い選びました。スイスから日本文化に傾倒して来日し、武道の研究をする中で、尺八に出会い、そして、多くの人との出会いの中から私との縁があり、熱心に学び、師範となりましたが、稽古はまさにこれから始まるようなものですから、引き続き門下として勉強してまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
ジェシー逅盟自身は、既に「琴古流尺八教室 京都薫習庵」を立ち上げて独自の教授活動も始めております。

また、私自身も京都でレッスン活動をしており、京都三曲協会にも所属していることから、同理事会において設立が認められました「竹盟社京都支部」については、私が支部長に就任し、ジェシー逅盟を副支部長としてスタートいたします。
薫習庵尺八アライアンスのもとで連携して活動してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。
このため、私自身は、これまでの竹盟社奈良支部から京都支部に移りますが、故松村蓬盟門下としての「竹鈴会」には引き続き在籍して活動してまいりますのでよろしくお願いいたします。

ee176c1c.jpg

10765c1b.jpg

今日は、とある能舞台を訪ねて来ました。

縁というのは本当に不思議なもの。
私が、もう来年は大きな舞台はやめて、と考えていた矢先に勧誘の電話。
これも何かの縁かと思い、現地を訪ねて来ました。

外観は廃墟のようなと言えば本当に失礼かも知れませんが、担当の方にも、ネットに廃墟のようなと書いても怒りませんか〜と言ったら、いいですよ〜と返事をいただきました。
でも中に入るとなかなか雰囲気のあるいい感じ、外観は廃墟のようと言われても反論はされませんでしたが、担当の方曰く、客席とトイレは綺麗ですからという言葉通り、レトロな中にもいい感じのホールでした。

音響を確かめる為に初めて能舞台の中央に正座して少しだけ吹きましたが、舞台の板間に残された無数の傷あとというか熱演の痕跡に驚きました。
釣狐のように一度ジャンプのタイミングが合わなければ命取りになるような、命懸けの舞台に私も立たしていただいていいのだろうかと一瞬だけ思いましたが、客席との適度な距離感からか、私もここで自分の尺八を今年はぶつけてみようと言う覚悟も出来ました。

詳細は後日、ご案内させていただきますが、ナチュラルな響きのホールで、演奏ができることになりました。
その節は、どうぞよろしくお願い申し上げます。

22985e5c.jpg
今日は、朝から1日雨模様ですので、懸案だったオーディオセットの再配置をしました。
まずは裏側に溜まったホコリの掃除から、一つずつ確認しながらなので結局1日仕事になりました。

変更点は次のとおりです。

1 機器のケーブルを短くするために、左端にあったオーディオラックと左側スピーカーの場所を入れ換えました。
2 購入してセットはしてみたものの全く使用していなかったネットワークプレーヤーのPioneerN-50を外して箱に入れてしまいました。
3 娘に刺激されて虫が起きてしまっていましたアナログレコードプレーヤーを30年ぶりに二階から持って降りてきて、やっと接続しました。カーリッジは昔懐かしい品川無線GraceF-8cです。カンチレバーが曲がっていたので、この度日本精密宝石工業株式会社に修理に出していたので、やっと使うことができて嬉しいです。
4 昔のカセットテープのデジタル化ができるようTEACマルチプレーヤーをセットしました。

ようやく再配置が出来上がってアナログレコードを聴くと何とも表現は難しいのですが懐の深い音色に癒されます。
初めて、プリメインアンプをLUXMAN L590AXにしておいて良かったあと思いました。
何だか管球アンプの音色に思えるのです。
正直なところ、CDだけ聴いてる間は正直なところAB級で良かったなと後悔していたのです。夏場はエアコン無しでは聴けないアンプを扱いあぐねていたのが正直なところでしたが、今回、甦ったGraceF-8Cを聴いた途端、純A級にしておいて良かったあと思いました。

CD等デジタル音源は練習用の音源としてはとても便利ですが、鑑賞用としてはアナログレコードがいいです。単純な音質比較などする気にもならない程、多少の雑音も気にならない心地良さを楽しめます。

高校生に気持ちだけ戻ったようです。

d2f110e6.jpg

9a2438fe.jpg

昨日は、三田の温泉に行った帰りに、以前から気になっていた鏑射寺に寄って来ました。

JR福知山線「道場」駅から数キロのところ、武庫の台ゴルフ場へ行く途中にあります。
西暦580年頃に出来た古寺のようですが、廃れていたのを現在の住職さんが再興したようです。
きちんと境内や庭も掃除が行き届いていて、気持ちが良かったです。

いつもは、もっと国道に近い塩田八幡宮に行くのですが、あちらは駐車場にガードマンが出ての賑わい振り。
こちらは、対照的に広い駐車場に私の車を入れて2台だけ、帰る時にやっと4台という状態でした。

立派な三重の塔もありました。
ここの住職さんの講話を一度聞きたくなりました。

image
04a5e1b9.jpg

今年は、元旦から珍しく真面目に稽古しました。

竹生島 虚空鈴慕 八重衣

以上の3曲が今年のメインテーマになりそうですので、愉しみます。

今年の干支の酉からは卵も生まれました。
薫習庵からも色々生まれそうで楽しみです。

image
みなさま
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

薫習庵の今年の大きな予定としましては、8月に「第2回薫習庵琴古流尺八演奏会」を予定しております。
詳細につきましては、決まり次第にご案内申し上げますのでどうぞよろしくお願いいたします。
塾生のみなさんの成長を今から楽しみにしております。

昨年は、ジェシー鳳純が琴古流竹盟社準師範免状をきっかけといて、「京都薫習庵」を開講しました。
私のレッスンにつきましては、まだまだ緒についたばかりですから引き続き多くの課題曲を一つずつ稽古して続けて参りますが、既に指導者としての実力及びリーダーシップを修得しつつありますので、レッスン活動を始めております。お蔭様で既に数人の弟子が彼女のもとで学んでおり、私としても孫弟子の誕生を心から喜んでおります。単に生徒としてではなく、新たな師弟関係を次代に拡げていくことで、濃密な芸の伝承発展を目指して欲しいと思います。

また、今年は、竹盟社師範免状の取得を目指し、平成29年11月11日(土)には京都上桂のバロックザールにて、初尺八リサイタルを予定しております。このことにつきましても詳細が決まり次第にご案内申し上げますので引き続きご支援の程宜しくお願いいたします。

「薫習庵」としましては、「京都薫習庵」との連携をはかりバックアップしていくとともに、琴古流尺八の発展を目指して、「尺八アライアンス」の理念のもと、更に幅広く連携・協力を目指して、具体的に模索し行動していきたいと考えております。

活動の状況等につきましては、可能な限り、ブログを活用して情報発信してまいりますので、今後ともご理解ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

                                                 吉村蒿盟 拝
写真は、本年の尺八関係用の年賀状です。

c600e577.jpg
先日来、床のワックス掛けやお買い物、窓拭き等に頑張ったので、年内の家事からは30日で解放されました。

貴重な1日ですので有意義に過ごしたいなと思います。

だからと言って特別なことをする訳でもなく、薫習庵メンバーへの今後の展開等についてのメールをしたり、温故究音の会の後援名義の報告書を作成したり、平凡に自分らしく過ごすだけです。

本当に1年があっという間に過ぎてしまいます。毎年、NHKの「ゆく年くる年」が始まるとすぐに家を出て、近くの名塩八幡さんに裏口から入って行列に並び初詣を済ませるのですが、つい先日に行ったような気がしております。

また一つ、テーブルに並ぶ干支の置物が増えてます。酉の中には卵が入ってます。
来年は、何かが産まれたらいいなと思います。
皆様、佳いお年をお迎えください。

このページのトップヘ