琴古流尺八 薫習庵Plus+ “日々、人生の置き土産”

 吉村としお(蒿盟) 琴古流尺八薫習庵の別館ブログです。 残りの人生、楽しめる間は楽しんで参ります。
 尺八おじさんの終活日記 それでも続く挑戦と反省の日々...。
 現在、オーソドックスで新しい尺八 金管尺八“心妙”を開発中です!!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

昨日は車を洗って綺麗になったと思っていたら、夜から雪になってしまいましたね。

IMG_8326

朝起きたらシエラ君もこのとおり窓まで白くなっていました。笑笑

FullSizeRender

年明けからのトラック運転が心配です。

さて、二階の窓拭きも終わって久しぶりヤフオクを見ていたら、以前と違って偽物だらけになっていて驚きました。

以前ならとんでもない尺八の出品はあっても意図的な偽物までは無かったです。

残念ながら、今はハニートラップならぬ尺八トラップの罠が並んでおります。

新品の四郎管、寿童管、蘭畒管に並んで「一城管」までありました。
それだけ一流ブランドの証ということなのでしょうが、モラルの無い国になってしまいました。

FullSizeRender

日本という国を守りましょう。

今年お世話になった事務所の方から「祖父が遺した尺八と楽譜があるので貰って欲しい」言われましたので見せていただき、楽譜だけ譲っていただくことにしました。

IMG_8205
IMG_8211
先日、まだ残っていたのでと追加で楽譜をいただいたのですが、その中にその祖父の手作り手書き譜面があって驚きました。

IMG_8279

大変几帳面に作られており、美しい手書き文字で教養の高さを感じます。
それに一曲目が「融」というのも驚きです。
中歌の語りの歌詞も本当に美しい達筆で見惚れてしまいます。
IMG_8280
IMG_8281

前弾きが短いので九州系の融だと思います。



ジュラルミン尺八(ジュラ君)のパーツが一つ新しくなって、ピッチを微調整して歌口のエッジを少し深くしてTEST ver1.01になったもので「さらし」の練習に使ってみました。
こりおりの会マスクメンバーによる、深草検校「さらしの練習風景です。

動画を撮影するとは言っていなかったのでYouTubeにアップは無理かなあと思っていたのですが、「くれぐれも練習風景」ということでしぶしぶオッケーをいただきました〜 

でもこのメンバーで練習していると楽しいのです♪

FullSizeRender

今日は年末の買い出しなのでジュラ君は家で寝ております。


アクセスランキングと言ってもこれまたローカルな話で恐縮ですが、私のこのブログ「薫習庵plus+」のことです。

スマホでご覧いただいてる人には見えないのですが、スマホ版の場合は一番下に「PCモード」がありますのでそこからPC版に変更することができます。

PC版画面の右側やや下に「今週のアクセスランキング」があるのですが、今年の5月2日の投稿がダントツ1位になっていて驚きました。

FullSizeRender
アマビエの記事です。



多分、年賀状シーズンになってから私の<緊急提案>が注目されているのかも知れませんね。でももう遅いですから頑張って年賀状仕上げましょう。ファイトです♪

記事はこれです。
http://kunjuan.jp/archives/1996736.html


年末恒例と言っても我が家だけの話ですが、平成元年に今の家を建築して以来、ずっと年末にワックス掛けをしてきました。

ソファーやカーペット類を庭に出してワックス掛けして和室にこもって乾燥させ、二度掛けしてまた和室にこもるということです。

昨日は乾燥してピカピカになった状態でカーペット類を敷く前にジュラルミン尺八(ジュラ君)で少し遊んでみました。笑笑

IMG_8321
IMG_8322
IMG_8323

家も住人も随分と朽ちてきました。

「産業のまち尼崎、ものづくりのまち尼崎から世界へ発信する」を合言葉にしてスタートしたこの開発プロジェクト

「オーソドックスで新しい尺八」を作りたいと考えて、尼崎市の金属精密加工企業との共同開発を始めました。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
TEST ver1.00

まだまだ緒についたばかりですが、試作品TEST ver1.00が届きましたので、早速に確認の為に色々と合奏して長所短所の掘り起こしをしています。

「妙枝ちゃんと合奏しました」に続いて、「酒(笹の露)前半のみ」をYouTube動画にアップロードしました。
神戸の上田親智井先生はとてもお元気で安心しました。

続きです。

2020 私の小さな十大ニュース

「第1位 人生で初めて特許申請したこと」
 今年の7月2日に、いつものようにトラックを運転しながら国道43号線で神戸付近を走っていたときに、ふっと閃いたのですが頭に浮かんだ二つのものを組み合わせたら新しいものができるのではないかと思いついたのです。
 そこで、お昼休憩にトラック運転席から関係のところに電話したのが、事の始まりとなりました。
 そこから定期的に打ち合わせを重ねた結果、専属の特許事務所にも相談してみましょうということになり、特許事務所の方もこれでしたら特許取得できますということになり、今般、人生初の特許申請となったわけです。
 面白いものですね。大した特許ではありませんが、人生66歳になって特許申請することになるとは想像だにしておりませんでした。

FullSizeRender


以上、2020 私の小さな十大ニュース 第1位〜第10位でした。

会社の方は年中無休で動いておりますが、とりあえず私は今日で仕事納めです。

人生で初めて転職して1年4カ月のトラック運転手ですが、一度も体調を崩して休むこともなくやってこれたことに自分自身が驚いています。
軽い喘息はありますが健康に感謝です。

私の乗ってるトラックは車検と整備以外ずっと毎日走っていますので、(360日✖️165キロ=59,400キロ)
およそ6万キロの年間走行距離になります。
FullSizeRender

駐車場でおとなしく私の帰りを待っているシエラ君です。
シエラ君もよく走ってくれてます。

FullSizeRender

7月納車でもうすぐ8,000キロです。



皆様 こんにちは

「尼崎から世界へ」を合言葉として、現在、私は尼崎市にある金属精密加工企業と共同でジュラルミン尺八の開発を進めています。


始まったばかりですので、まだまだ時間がかかりますが、先日試作品のTESTver1.00が届きましたので色々テスト中です。

試しに作ってみたレベルですので正式には組み立てておらずセロテープで仮止めしている状態ですが、一応音が出ましたので、丁度、箏を習いに来ていた妙枝ちゃんとの合奏練習に参加させてもらえましたので動作確認のため動画に撮りました。
今後、随時、開発状況をお知らせして参りますのでご興味関心のある方是非ともチャンネル登録を宜しくお願い申し上げます。



続きです。

「第4位 運行管理者試験(貨物)に合格したこと」
 日々に、自分のボケが進行していることを自覚しながら過ごしておりますが、去年、運送会社に入ったときに社長さんから「運行管理者資格とってね」と言われて、二つ返事で「わかりました〜」言ってしまいましたので、今年8月の受験1回で合格できてほっとしております。
 多少のボケ防止効果は有ったかもしれませんね。
 試験に合格したからと言っても、下手なトラック運転が急に上手くなるわけではありませんが、一般知識として役に立つこともあると思いますが、なにより約束が果たせてほっとしております。
FullSizeRender

「第3位 10歳年上の長兄が亡くなったこと」
 人一倍元気だった10歳年上の長兄が10月1日に亡くなりました。
 何事も継続してがんばる兄でしたので、高槻市日吉台の自宅から近くの「墓地公園」の坂を毎日毎日自転車で登り続けました。
 8月頃に見舞いに行ったとき「墓地公園何回登ったか?」と訊いたら即座に確か「3364回」と答えました。もうかなり前のことになりますが、私も一度だけ一緒に登ったことがあります。
 私は、フルオーダーのロードレーサーでビンディングペダルでしたので、もちろん私の方が早いですが、普通のスポーツサイクルで頂上まで登る兄に感心した記憶があります。 
 私は、以前から長兄に何かあったときは「私もあと10年」と考えていましたので、今回兄が他界したことで、私の令和(終活)2年も残り10年のカウントダウンが始まったなと悔いの無いように楽しんでいきたいと考えております。
7331F677-BE93-4229-BA50-BACBE63C0DB3
左端が長兄です。


「第2位 古代ユダヤ人に巡り合えたこと」
 変なタイトルですが、要は「古代ユダヤ人の失われた10部族のうちから、日本に多くの本当のユダヤ人が移住してきて、日本人の主なルーツとなっていることを知ったということ」です。
 そして、徳島県生まれに私にとっても何か繋がりがあるかも知れないということです。
 なぜか、「古代ユダヤ」に反応するもので、今は流れに任せてシエラ君とあちこち行くのが楽しみです。
 そして、今から30年位前に初めて剣山に登ったとき、その夜の民宿で40度近い高熱にうなされた記憶が蘇ってきて、何だか腑に落ちたような気持がしています。
 今は、来年7月17日にもう一度剣山(鶴亀山)を目指したいという気持ちに駆られています。
IMG_7916
IMG_7922
ホテルニューアワジ「夢泉景」の中庭に残る古代ユダヤ人の遺跡

以上、第2位〜第4位でした。

このページのトップヘ