琴古流尺八 薫習庵Plus+ “ゆっくり まっすぐ とまらずに”

 琴古流尺八薫習庵の別館ブログです。 残りの人生、楽しめる間は楽しんで参ります。
 カメラを掛けた尺八おじさんの終活日記 それでも続く挑戦と反省の日々...。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

今日(令和2(2020)年6月3日)から、大阪市西区九条南にあります「田波楽器教室」の再開です。

2カ月余りの閉鎖でしたが、この間に世の中が随分変化してしまいましたね。
なんだか人と直接に会うということが悪いことのような風潮になってしまいました。

新型コロナウイルスの感染リスクを抑えるためには三密は避けなければいけないのは当然に大切なことなのですが、これはあくまで手法であります。

マナーであり、エチケットであり、ツールであることが現在の風潮の中で善悪に変化してしまっている様な気がして、どこかで本末転倒していないかなと思っています。

私は三密を避けることを否定しているのではありません。もちろん守らないといけないのですが、本質的なところで勘違いしてはいけないとも思っています。

そこをきちんと捉えていかないと新型コロナウイルスが去ったときにギスギスした世の中だけが残っているようなことになる寂しさを感じています。

オンラインで伝わるものはあくまでも表面的なものであって非常時のツールであり、日常的なものとなったとしても補助的なものだと思います。

今日からのレッスン再開で、これからどんな風に変化していくのか、いつものように走りながらより良い方法を探っていきたいと思います。

FullSizeRender
玄関前のサボテンの花です。

IMG_7198
アマリリスの花が長く咲いています。

自分が望む日常を選択するためには、それを支える基盤というものの安定が無くては実現できません。

「鳩を飛ばすだけでは平和は作れない。」は、昔に読んだ「なだいなだ」の本にありましたが、人間の頭脳に前頭葉が付いてる限り、人は戦争をする動物なのかもしれません。

その上で平和を守るということは、絶妙なパワーバランスの綱渡りのようなものなのだということを実感しております。
昨日のトランプ大統領の演説は、アメリカの企業にとっても大打撃となるものであり、香港への優遇措置の廃止の決定は、何よりも自由を守るという強い意志の現れとして歴史に残るスピーチになると思います。

FullSizeRender

現在の全世界において、巨大国の中で唯一無謀な拡大路線に猛進する中国への鉄槌として、このスピーチが有効に機能してくれることを願うばかりですが、中国の反応次第では一触即発の事実上の戦争状態になると思います。

日本のマスコミでは「新冷戦」と言う言葉が使われていますが、私は違うと思います。

私は、このスピーチに対して「ハルノート」のような悪意は感じませんが、無謀な拡大路線をやめようとしない中国共産党政権に対する最後通牒であると言うことは言えると思います。
中国習近平政権がどう反応するのか固唾を飲んで見守っています。

是非とも香港の一国二制度を守って国際公約を守るように踏み止まって欲しいものです。
中国習近平政権の拡大路線は、台湾問題を初めとしてインド、ロシア、南シナ海や日本の尖閣諸島問題など本当に多くの国境紛争を起こしていますが、国内には三峡ダム問題という爆弾を抱えています。
今や見て見ないフリをするしかない政権には一日も早くこの問題に真摯に向き合って欲しいと思います。

FullSizeRender

話が大きくなってしまいましたが、私が好きな尺八を吹けるという日常には、ファンダメンタルなところで大きなものに支えられているのだという意識を改めて感じました。

トランプ大統領の昨日の演説が、彼の得意な交渉術の大きな一枚のカードとして機能してくれることを心から願い、中国にとって事実上の「ハルノート」になることがないよう心底願っております。

写真を撮り始めてから改めて感じているのですが、「人生には、後では無い。」ですね。
つくづくそう思います。

例えば、何処かに用事で向かっているときに、ふと目にした光景に目が止まって、写真を撮りたいなと思っても、じっくりと画角や構図を考えているような余裕がないため、帰りに撮ろうと考えて通り過ごすと結局は撮れず終いになることが多いです。
帰りは人が一緒だったり、ルートが変わったり、また日が暮れて撮りたかった構図とは違っていたりします。

そのため、あっ、いいなと思ったときは出来る限りそのときに戻ってカメラを構えるようにしているのですが、そのためには常に時間等にも余裕をもって行動しておく必要がありますし、その日のルートに見合ったレンズを最初から選んで付けておく必要もあります。

結局は人生も全て同じですね。
チャンスが来たときに迷わず判断して時流に乗って行動しておかないと、後になってあのときこうしておけば良かったああしておけば良かったと後悔してもあとの祭りです。

IMG_7178
IMG_7177

人生の旬というのはそんなに長い訳では無いです。
後悔はしたく無いものです。

今日は、近所に薔薇の美しい家があったのを夕方に思い出して、カメラを持って出掛けたのですが、時すでに遅し、薔薇はピークを過ぎて枯れ始めているものばかりでした。残念!

IMG_7174
IMG_7175


一週間ほど前に気付いていたので早く撮りに行こうと思いつつタイミングを失ってしまいました。


IMG_7179
このアマリリスは7年程前に娘から届いた母の日のプレゼントです。
年々花は小さくなってはいますが今年も鮮やかな花を咲かせてくれました。

平成27年頃の「菊若啓州の世界」及び「菊若啓州地唄の世界」から、私が賛助出演のときのDVDをいただいておりましたので幾つかYouTubeにアップしました。

大変長い曲ですのでお時間のあるときに見てください。

三津山

FullSizeRender
三津山の演奏は珍しいと思います。
この曲を演奏出来る機会に恵まれたのは幸せでしたし、多分最初で最後だと思います。
三絃は、東京から富田清邦先生がゲスト出演でした。
尺八は二尺管の通しで持ち替え無しです。

新さらし

FullSizeRender
新さらしの演奏も珍しいと思います。
この曲を頼まれたときは楽譜が無くて慌てましたし、入手出来てからも演奏が難しくてかなり難儀しました。


萌春

FullSizeRender
これは少しおまけのような感じかな、菊若先生も私も古典の人間ですからね。
菊若先生からのリクエストでしたが難しい曲ですから大変でした。でも好きな曲ですので楽しかったです。

新型コロナ騒ぎの影響でご案内が遅くなってしまいましたが、福利厚生事業の大手「リロクラブ」の利用対象教室に「琴古流尺八 薫習庵」として登録されました。

FullSizeRender

もし関西方面の会員の方で尺八を始めようと考えている方がおられましたら、入門に際しての会員特典がありますのでリロクラブのホームページでご確認の上、ご検討ください。

FullSizeRender

宜しくお願い申し上げます。



先月、紹介しました鯨岡徹さんのYouTube「尺八ワンポイント講座」を全部見ました。

普段でしたらこんなことは出来ないのですが、新型コロナ待機を活用してのことです。
一応私も推薦している責任もありますので、全部のYouTube講座を一通りざあーッと流した感じですが、確認させていただきました。

FullSizeRender


これだけの講座を継続してアップするというのは相当なエネルギーが必要ですし、尺八人口を少しでも増やしていきたいという情熱を感じて嬉しく思います。

内容的にも尺八の鳴らし方等について分かり易く図説入りで懇切丁寧に説明していると思います。

全てを見た上では、私のように古典の者から言えば例えばですが「アタリの使い方」辺りについては考え方の違いを感じるところもありますが、全体的にはこれから尺八を始めようと考えている人や独学で尺八を始めている人にとっては、本当に助かるのではないでしょうか。

もちろん私のようにもうすぐ半世紀近く尺八を吹いてきた者にとっても、なるほどなあと思って参考にさせていただいたところも幾つかありました。

今回のコロナ騒ぎの中で私なりに改めてネットの重要性を認識しましたが、今さらユーチューバーの様なトークはできませんし、そういうのは若い人に任せて私なりのYouTube活用を少し模索してみたいと思っています。

今朝は地球の近くを小惑星が通過するということで、何か地震とかが発生しなければいいなと少し心配していたのですが、何事もなくて良かったです。

FullSizeRender

小惑星も杞憂に終わったからと言う訳では無いのですが、薫習庵尺八レッスンを明日から再開します。

およそ3ヶ月間の中断でしたが、この間に私は変わりました。

経緯は先日このブログに書きましたが、自分が犬アレルギーで喘息症状が進んでいたことがわかりましたので、モズク君と一緒に寝るのをやめて家庭内のソーシャルディスタンスを取るようにしたら喘息症状が劇的に改善されて、お陰でもう吹くことを諦めていたこの太めの延べ管「櫻虎」まで再び吹けるようになりました。
FullSizeRender

このモズク君、食事のときは相変わらずくっついております。

IMG_7036

相変わらずおこぼれを狙ってます。

そろそろ自宅待機も解消して仕事が再開されそうな雰囲気ですので、根を詰めて作業しております。

しかしながら、もうすぐネタ切れです。笑笑

今日は、平成25(2013)年に、ピッコロシアター小ホールにて、東京から武藤宏司先生に賛助出演していただきました「山田流箏曲こりおりの会vol.3」から2曲をYouTubeにアップしました。
宜しくお願い申し上げます。

江の島曲

FullSizeRender


須磨の嵐

FullSizeRender

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

今日は、山田流箏曲こりおりの会vol.1の演奏会ビデオをYouTubeにアップしました。

初めての会でしたので、私も含めてメンバー全員の緊張感がひしひしと伝わってきて、ある意味若かったなあと懐かしく思いながら見ております。

今年は「第5回こりおりの会」を10月に兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホールにて予定しておりましたが、新型コロナの影響で残念ながらキャンセルしました。

このYouTube動画を見て、改めてメンバー全員、演奏会の開催に向けてエネルギーを蓄えて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

こりおりの会 山田流箏曲の調べvol.1
日時 平成24(2012)年6月2日(土)午後2時開演
場所 兵庫県立ピッコロシアター小ホール
メンバー名 佐野満穂 楠 紀江 南 博子 吉村蒿盟(当時)

メンバー紹介 ほととぎす

FullSizeRender

さらし

FullSizeRender

竹生島

FullSizeRender


赤壁賦

FullSizeRender

今後とも宜しくお願い申し上げます。

今日は、一日中雨模様のYouTube日和です。

先日来、慣れない作業に手こずりながらやっておりますが、DVDから直接YouTubeにアップしていたのでとても時間が掛かっておりましたし、ファイルも前半と後半に分かれていたりして不細工だったのですが、アップする前に一旦MP4にファイルを変換してから、トリミングしたり結合したりしてアップした方がいいことが今頃になってやっと分かりました。笑笑

そこで、今日は一日中かけて、変換等のソフト探しでした。その結果、MP4への変換ソフトは無料のがありましたが、編集したり結合したりするソフトが無料版ではメーカー名が嫌がらせみたいに帯になって入るので仕方なく有料版を購入しました。
やっとスッキリした動画がアップできるのでホッとしております。

第10回吉村蒿盟尺八演奏会
日時 平成28(2016)年12月2日(金)午後7時開演
場所 兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
演奏 歌・三弦替手 藤井泰和 歌・三弦本手 藤本昭子 尺八 吉村蒿盟

私には分不相応ですが、東京から銀明会の藤井泰和先生、藤本昭子先生をお迎えしての超贅沢な演奏会でした。しかしながらその分本当に色々な意味で勉強になりました。

園の秋

FullSizeRender


残月

FullSizeRender



FullSizeRender

全曲暗譜は今から思えばよくやったなあと思います。
何と言っても全曲うろ覚えのまま舞台に出ていくのですからお客様には失礼の限りでした。
私が暗譜で舞台に出たのは全部還暦過ぎてからの話です。

このページのトップヘ