薫習庵琴古流尺八アライアンス Kunjuan Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生NET稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto-Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.

524aa7cc.jpg
ずっと溜まっておりました事務を、この連休は何処にも行かず一つづつ片付けております。

西宮三曲協会の事務や自分のライブや薫習庵の演奏会に向けた準備等です。

具体的に一つづつ取り掛かれば片付けていくのですが取り掛かるまでが大変でしたが、いざやり始めると成果が見えてきて精神的にも楽になりました。

写真は、8月20日の第2回薫習庵演奏会に向けて生徒さん達にお渡しする音源CDです。

image
a5dcdbda.jpg
昨日は京都三曲協会の定期演奏会でした。

毎年、この日に決まっているので分かりやすいです。
今回は二回目の出演で、1曲目に「新娘道成寺」を三味線の本手と替手で尺八は1尺9寸管で演奏しました。
お声かけくださった大日三智子(おおくささちこ)先生に感謝しております。

もう一曲は、琴古流諸派で福田蘭童作曲「利根の舟歌」を尺八二重奏で演奏しました。
この曲は当時に流行した「昭和枯れすすき」を題材にした曲で、一定の年齢の方には懐かしいメロディーです。

竹盟社京都支部からは3人が出演しました。
私は、後列の左から二番目で立奏です。
ジェシー逅盟は、前列左から三番目でイスです。
他に、京都薫習庵に所属してジェシー逅盟に師事しております中塚賢純は前列右から二番目でイスです。

image
ジェシー逅盟さんが主宰し、京都で邦楽演奏活動を行っております京都邦楽アンサンブルグループ「邦楽一心」のブログがスタイルを一新しましたのでお知らせいたします。

邦楽一心は、京都で邦楽の普及を目指して、気軽に参加できて愉しめる邦楽演奏活動を展開し、クリスマスコンサートや訪問演奏など、地元にしっかりと根差した邦楽演奏グループです。
興味のある方、一緒に参加しませんか?
いつでも参加者募集しておりますのでご連絡お待ちしております。

邦楽一心のブログ
http://hogaku-isshin.blog.jp/

8ff63eb3.jpg

c2652301.jpg


関西では数少ない「琴古流尺八竹盟社」のレッスン案内です。
「竹盟社京都支部」(支部長吉村蒿盟、副支部長ジェシー逅盟)の生徒募集案内です。

「竹盟社京都支部」は、「薫習庵」及び「京都薫習庵」によって組織しています。

関西では、他に奈良支部(支部長辻村萩盟先生)や神戸支部(支部長今井幸盟先生)があります。

写真(上)は、京都薫習庵主宰のジェシー逅盟さんが作った生徒募集案内です。
写真(下)は、薫習庵の体験講座案内(再掲)です。5月分であと一枠残ってます。

薫習庵、京都薫習庵ともに生徒募集中です。
尺八に興味関心がある方、メール、お電話お待ちしております。

いきなり正式入門は不安だという方には体験講座もありますので、お気軽にお越しください。

306dd9fa.jpg
上記案内の補足説明です。

薫習庵では、日本語とほんのすこしだけの英語レッスンが可能ですが、京都薫習庵では、日本語、英語、ドイツ語、スイス語、スペイン語、イタリヤ語、フランス語でのレッスンが可能です。

85f3dea0.jpg

47a99393.jpg

レッスンにおける使用尺八についての説明です。

使用尺八については、良く調律された5孔尺八であれば、流派や銘は問いません。
既にお持ちの楽器がある場合は、都山タイプであっても明暗タイプであっても構いませんが、ピッチが揃っているものでない場合はレッスンの支障となるので使用できない場合があります。

普段のレッスンは全て1尺8寸管(D管)の5孔尺八です。
ピッチの範囲は、気温24度で、440から443ヘルツ(A4)の範囲に収まるレベル。
各音のピッチについては±5〜10セント位の範囲に収まるレベルの尺八が望ましいです。

楽器をお持ちでない方で、新管の購入を希望される方は、長年お世話いただいております「小林一城銘尺八」をお薦めいたします。
在庫がある場合はすぐにお世話できますが、これまでの経験ではほとんどの場合、受注製作となりますから数ヶ月から半年位お待ちいただくことになります。
特別な仕様のオーダーでない限り、数本の中から選ぶことができると思います。

また、正式に薫習庵か京都薫習庵に入門いただいた方については、希望がありましたら、写真(下)の尺八の中で既に無い尺八もありますが、お譲りできる尺八(3本程)もありますのでご相談ください。

e1349957.jpg
久し振りのブログ投稿です。
なかなか落ち着いた時間がなくて、投稿できておりませんでした。

昨日は西宮三曲協会主催の「西宮さくら邦楽コンサート」でした。
私は、「若菜」を、ジェシー逅盟と連管で演奏しました。
絃方は菊若啓州先生のお社中です。

今年、師範免状を取得してジェシー逅盟となってからは初めて一緒の舞台演奏でした。
彼女は、今年、平成29年11月11日に京都のバロックザールで初リサイタルを予定しており、若菜を演奏しますので既に暗譜しております。
連管で一体感のある演奏は大変難しいものですが、気持ち良く最後まで演奏ができて楽しかったです。
薫習庵からは、伊倉さんが「月の船」を単管でソロも立派に演奏しました。

このページのトップヘ