琴古流尺八教室 薫習庵 尺八アライアンス Kunjuan Shakuhachi Alliance

 吉村蒿盟琴古流尺八教室(竹盟社京都支部) 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から現代曲まで丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生ネット稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto
     Hyogo Amagasaki and Nishinomiya Najio.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

九州系三絃と琴古流尺八による
第五回 古典演奏会 こちの会

平成23年8月25日(木)午後7時開演
ウイングス京都イベントホール
入場料 2000円
曲目
八島
七小町
鹿の遠音
夜々の星
出演
絃方
水田光世 06ー6877ー6245
岩崎千恵子 075ー231ー5570
山口朋子 0742ー72ー0555
尺八
水野香盟 042ー573ー4055
伊藤韻盟 0568ー88ー5728
柴田玉堂 075ー591ー7786

私は、今回は残念ながら所用のため伺えません。
御盛会を祈念いたしております

今朝は家族も外出しておりますし、家にいるのは犬と私だけだったので、久し振りにみっちりと尺八の稽古をすることが出来ました。
午前9時から始めて終わったら午後1時でした。
今小町、玉川、尾上の松、残月、葦草鈴慕、巣鶴鈴慕を通しました。

気持ちに余裕が出来たので午後はパソコンを触ってます。
facebookページから広告の設定をしたり、フォースクエアに加入してみました。
何をどう使うのかはまだ分かりませんのでこれから研究です。

薫習庵の輪が少しでも広がればいいのですが

藤井泰和先生からご案内を頂きましたので紹介させていただきます。

銀明会関西支部 三曲糸竹の響き 初秋の調べ
平成23年8月27日(土)正午より
朝陽会館 3階能楽堂(大阪天満宮表門すぐ)
入場料 1,000円
曲目
六段
難波獅子
四季の眺
園の秋
末の契り
吾妻獅子
けしの花
宇治巡り
新青柳
今小町

尺八賛助出演(五十音順)
小林鈴城
鈴木静創
谷 保範
土井巌山
星田一山
松村蓬盟
主催
藤井泰和
お問い合わせ先
荒木 075ー441ー9651
辻本 072ー848ー9489
高田 074ー423ー6055

御盛会を祈念しております

まだまだ使い方がよく分からないのですが、facebookで薫習庵ページを作ってみました。

まだ今は「吉村蒿盟」のページの中にありますが、「いいね」のクリックが25人に達したら、URLがもらえると書いてあります。

facebookを利用されてる方、クリックをして頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします

昨日は、山田流関西箏楽会のゆかた会に参加して塾生一同、一日山田三昧を楽しみました。

今回は、薫習庵勉強会が終わって間もないことやメンバーも有志での参加となりましたので、さてどうなることやらと心配でしたが、メンバー同士で事前に情報交換するなど努力していただき連管で上手く吹いてくれましたのでホッとしています。

私は薫習庵のモットーとして、「まずは連管で吹けるようになること!」を大切にしています。
早い段階から単管演奏に入った人は、独りよがりな演奏が身につきやすく、尺八同士の気づかいといった面で決して良くないと考えていますので、2、3人での連管経験を積んで、糸方からの情報を一番糸方に近いところに座った人が、隣に情報伝達していくトレーニングを積んでいくよう意識しています。

薫習庵の参加演奏会としては、次は平成23年10月16日(日)西宮市立プレラホールで第99回西宮三曲協会定期演奏会に「千鳥の曲」を演奏する予定ですので、今日からは塾生一同、それを目指して勉強してまいります。
今回は、尺八が本手、替手に分かれるバージョンで演奏しますので、糸方なしで尺八2重奏曲として本曲形式で演奏することにしました。

尺八総員曲で一体感のある「薫習庵サウンド」と言ってもらえるような響きがでてくるよう今から勉強して参りますので、どうぞよろしくお願いします。

このページのトップヘ