琴古流尺八 吉村蒿盟のブログ 音と光の旅人 薫習庵

 琴古流尺八 大阪田波楽器教室 高槻教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室などで行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から現代曲まで丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。出稽古にも参りますのでご相談ください。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAIL(onko9on@yahoo.co.jp)お待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生ネット稽古帖
     WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Takatsuki Kyoto
     Hyogo Amagasaki and Nishinomiya Najio.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

81dbfe05.jpg
今日は、細やかですが薫習庵有志による山口くんの送別会でした。

10年前に虚無僧君として私のところにやって来たときとは、音も考え方もすっかり変わりました。

そして一番変わったと言えばスバルレガシーワゴンの新車でお稽古に来るようになったことかもしれませんね。

その分、私が歳をとったということです。
今日は有志の皆さんと一緒に彼の門出をお祝いすることができて良かったです

ae16bbd9.jpg
今、帰りの電車の中です。
今日は、仕事先の送別会の一つ目がありました。
花束をいただいたもので、そのまま電車で持って帰っているところです。

丸40年勤めましたのでこういうこともたまにはあるかと考えると、何だか不思議と恥ずかしくはないです。

後1月半、悔いの無いようにけじめをつけていきたいと思います

今日は、夜中からの雪で朝起きたら家の周りは銀世界でした。
10時からの奈良での合奏研究会に間に合うのか一瞬不安がよぎりましたが、どうにか間に合うことができて良かったです。

私の課題曲の「御山獅子」もどうにか無事に演奏することができましたが、師匠の松村蓬盟先生からは、音色の音出しの工夫、ユリの使い方、装飾音の使い方などにアドバイスをいただきました。この歳になってくると助言を頂けることは本当にありがたいと思います。今回指摘頂いたところは実は以前からも言われていることでして、一旦身についてしまっている部分を修正していくのは中々大変ですが、普段の稽古のときから気を付けて修正していこうと思います。

さて、合奏研究会の方は途中で失礼をして、夕方からは「平成24年度西宮三曲協会総会」に行ってきました。
私が総務担当(事務局)をしておりますので、無事に終わってほっとしております。
今年は、特に「第100回記念西宮三曲協会定期演奏会」が8月26日(日)兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールでありますので、スムーズに進むのか少し心配でしたが、何回も役員会等で事前に話をしていたせいか、早くまとまって良かったです。
こういうことは理事の皆さんの気持ちが一つの方向に向かったまとまらないと絶対に成功しないと思いますので、気持ちをまとめていけれるようにすることを第一義としていきたいと思います。

明日は、富永澄子先生の寿三の会の初弾き会がありますので、お稽古したかったですが、結局はできず終いで少々不安ですが、まずはぐっすり休んで体調を整えることにします。

明日は「尾上の松」、「五段砧」、「春の夜」、「春の海」を吹きます。
滅多に持ち歩かないので1尺6寸管を忘れないようにしないといけないです

昨日、初めての下合わせがあり、曲目が無事確定しましたので、ご案内いたします。
どうぞよろしくお願いします。

第七回温故究音(吉村蒿盟琴古流尺八演奏会)
平成24年10月16日(火)午後7時開演
兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
賛助出演
 富田清邦先生(唄・三絃)
 菊若啓州先生(唄・箏)
曲目
 1 笹の露(酒)
 2 琴古流本曲 真虚霊
 3 融(上方系)
チケット
 当日券 3000円 前売り券 2500円
お問い合わせ
 吉村蒿盟 090−1899−3665

薫習庵の初吹き会が終わったので、これで腰を落ち着けて次の予定に取り掛かれます。

5月12日のナカニシライブで、桜川と融(九州系)を演奏するのでその稽古もそろそろ始めます。
6月2日の「こりおりの会」で山田流箏曲をたっぷりと演奏するのでその稽古も始めます。チラシも印刷が出来上がったとお知らせいただきましたので楽しみです。
10月16日の「第7回温故究音」で笹の露と融(上方系)を演奏する予定ですのでその稽古も気合を入れていかないとだめです。

でも、その前に2月18日に奈良で竹鈴会の合奏研究会がありますので、久し振りに参加する予定ですので御山獅子のお稽古もしないといけないです。18日は夕方から西宮三曲協会の総会があるので早めに失礼させていただきますが、手貝町会議所の雰囲気を楽しんでこようと思います

このページのトップヘ