琴古流尺八教室 薫習庵 Kunjuan Shakuhachi lesson

 WELCOME!I'm a professional Kinko-ryu Shakuhachi player from the Chikumeisha school.

     吉村蒿盟尺八レッスン、大阪教室 京都教室、兵庫尼崎・西宮教室など
     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から丁寧に個人指導します。
     先ずは見学お待ちしております。
     お申込み先 携帯電話 090-1899-3665 MAILお待ちしてます。
     塾生専用ページ(塾生NET稽古帖
     I offer individual shakuhachi lessons in Osaka Tanami-gakki Kyoto Hosonotei
     Hyogo Amagasaki Mukonoso and Nishinomiya Najio.

ccfa7831.jpg

b3892724.jpg

妙心寺

妙心寺とは、臨済宗妙心寺派の総本山である。
洛西、花園にあり、広大な寺域の中に、四十を超える子院塔頭が整然と配置されている。
その囲繞する様は実に偉観といって良く、塔頭には、立ち盆栽の如くに手入れの行き届いた松並木が並ぶ。
針葉樹の匂いが実に清冽で香しい。
この地からは、北には衣笠山が望まれ、西には双ヶ丘、東南は京の街並み、遠く宇治、淀の辺りまで見渡すことができるという。

晩夏、清やかな風の吹き抜ける中、その男はいつものようにカバンを背負い、この地に現れた。
友人達と妙心寺を拝観し、坐禅を組んで心を静める。その後、「阿じろ」という精進料理屋に入った。

酒の席である。
座敷は十数畳に至るかどうかの広さ。
その中で、それぞれの持ち場が廻る。

その男は、一年近く前であろうか、曰くがあって巡ってきた尺八を手にして、その中央に進み出た。
10人ほどの男達が盃を手に耳をそばだてる中で、手慣れた感じで竹に息を吹き込んでいく。
もちろん座興である。
一息ごとに、聞き慣れた音がその空間に広がり、吹き進み転音する。

しかし、いつもとは違っていた。
いや、吹き出しはいつもどおりの音といって良い。
むしろ聞き慣れた音であった。
しかし、高音域に至るや、その印象は一変する。
音域空間は急速に広がり、転調するや、低音は地を這い、ひたひたと押し寄せ、野太く聞く者の耳朶を揺さぶる。

今までとは明らかに違っていた。
音域の広さが高音から低音まで伸びやかで、奥行きが深い。
それでいて、束縛から解放されたとでも言おうか、大きく自由なのだ。
その男が今まで吹き込んできた様々な竹とは違う。
何より聞いていて耳に心地よく新鮮なのだ。

やがて、その竹に息を入れるのを静かに止める。
その間、わずかに数分。

その小振りな尺八は深く飴色に輝き、鈍い光を放っている。
三十年やそこらではあるまい。もっと長い時間の刻みだけが醸し出す煤竹の様な枯淡な色合いだ。
その筒中は、その時、その時の持ち手の息を受け、時に大きく傷を受けて、今にある。

しかし、実に良い竹を手に入れたものだ。
これは一つの邂逅といって良いのかもしれぬ。
出逢いは、人とのそれと同じく、求めて求められるものでもあるまい。
その男は、心に期し数十年を経て、ようやくその竹と巡り逢ったということか。
今後、吹き料を言い訳にできはすまい。

しかし、この竹。
存外、吹き手の力量を問い出すかもしれず、吹き手の境涯をあるがままに映し出すのかもしれない。

どこまで吹きこなせるか、どこまで魅力を引き出せるのか。
どこまで一体となれるか。

このことは、誰より、洛西の禅寺の外れで尺八を奏じてみせたこの男が気づいているに違いない。

闘いは既に始まっている。


<先日、訪れた妙心寺に於ける感想を、友人の笹部氏が翌朝メールしてくれたものです。 感謝!>

22f754e4.jpg
今年の春に縁があって私の所にやって来てくれた一尺八寸管です。

かなりの古管で、名管であったのでしょうが、残念ながら私の所に来たときは本当に無残な状態でした。

逆に言えば、無残な状態になってたからこそ、私の所にやって来てくれたというか、やって来たのでしょう。

これまでに何人かの手が入っていたようで、上管は切断され、内部は何度も改作を試みられて原状は跡形もなく、手孔は抉り削られ、管尻はラッパの様に削られ、挙句の果てに別の竹を埋め込まれ、更に削られて、樹脂を流し込まれて突き出してる状態。
顎当たりも削り落とされ、見る影もない。

数十年の間、きっと救い出されるチャンスを伺っていたのかも知れない。

今年の春先にこの尺八のことを知り、手に入れるつもりなど毛頭なかったのですが、もう使い物にならないと放置されているのが可哀相で譲っていただくことにしたのです。
それから待つこと二ヶ月余り、五月の末に宅急便が届いたのでした。

早速、小林一城先生の所に持参して相談させていただきました。
小林先生は、名人級の尺八には手を入れないのが主義ですので、普通でしたら断られるところですが、あまりに無残な状況で既に何人かの手によって原形を留めていなかったので、改作に踏み切ってくれました。

新管を作るより遥かに手間のかかる作業だったと思います。
切断された上管のホゾ入れ接続、歌口の入れ替え、中継ぎのホゾ入れ替え、手孔の埋め戻しと開け直し、管尻の竹入れ直し補修、顎当たりの盛り付け直し、そして内径の作り直しと調律作業。
最後に中継ぎと上管接続部分の藤巻き漆磨き出し仕上げ。

本当に見事に楽器として改作をして下さいました。
改作と言うよりは、製管そのものだったと思いますので、ご無理をお願いして、一城銘の刻印も入れていただきました。
後年、安易に名人級の尺八に手を入れた改作ではなかったことがわかるよう、誤解を受けないよう、添え書きもお願いして、大切に保存して、私の次代に伝えていくつもりです。

まだ、仕上げ漆の匂いがプンプンの状態ですが、音色は既に存在感のあるもので吹き込む程に日々艶やかな響きになっております。

12月の温故究音の会で、残月と本曲は一尺八寸管ですので使用する予定です。
ご縁をいただいた方々、製管してくださった小林一城先生に心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。 吉村蒿盟 拝

d096f551.jpg

5193def6.jpg

1c562c55.jpg

昨日は、富永澄子先生の社中の第35回寿三の会(すみのかい)浴衣会に参加して来ました。

尺八は私はジェシー鳳純と二人で参加しました。他には藤岡藍盟さんも呼ばれていて楽しく過ごしました。
藤岡さんは竹鈴会で同門ですし、ジェシーとは同年代ですので色々お話も出来て良かったです。

曲目は、藤岡さんは今小町、四季の眺、夕顔。
ジェシーは、青柳、こんかい、春の夜、軒の雫。
私は、尾上の松、末の契、四季の柳、秋の初風。
でした。

これからの尺八界はこういう若い人達の活躍に掛かっておりますので、しっかりと力を身に付けて頑張っていただきたいです。

5aafa4a4.jpg
先日、柳友紀子さんの社中のコンサートに出演した時にご一緒した中学生お二人です。

左は、今年の小中学生箏曲コンクールでグランプリを受賞した中学生一年生の上田涼花さん。
右は、今年の全国邦楽合奏コンクールで最優秀賞を受賞した中学二年生の藤井美巴さん。

お二人とも将来が楽しみです。

これからの京都ほその亭でのレッスン予定です。

平成28年10月1日(土)午後1時から午後6時まで

平成28年11月19日(土)午後1時から午後6時まで

ほその亭レッスンは、すべてワンレッスン方式で入門という形式はとっておりませんので、お気軽に受けていただいたらと考えております。

一人、1時間レッスンです。
レッスン料は、五千円です。

ご希望の方は、メールか電話でご希望の時間枠と曲目をお知らせください。
メールはonko9on@yahoo.co.jpです。
携帯は090-1899-3665です。

b9a438ed.jpg

6dbc9ea5.jpg

9月4日、柳友紀子さんのお社中のコンサートの紹介です。

先だって福山市の私憧れのリーデンローズホールで開催されました全国コンクールで小学生の部で優勝された方の演奏もあるようです。

私は黒田節に寄せる幻想曲とプログラムにはありませんが、明鏡を演奏します。黒田節幻想は尺八ソロは楽譜に無かったのでびっくり、多少慌てましたが、ジェシー鳳純の力も少し借りて無事作譜できました。

お時間のある方、お待ちしております。

1737422e.jpg

746a64cf.jpg

第10回吉村蒿盟尺八演奏会温故究音のご案内です。

今回は、東京から、九州系地歌三絃、銀明会会長の藤井泰和先生、同副会長の藤本昭子先生をゲストにお迎えしての演奏会です。
お二人とも大変お忙しい中、お引き受けくださいました。心より感謝しております。
皆様のお越しをお待ちしております。

と き:平成28年12月2日(金)午後7時開演(午後6時30分開場)
ところ:兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
阪急神戸線「西宮北口駅」南へ徒歩2分
入場料  当日券3,500円(前売り券3,000円)
ゲスト出演:藤井泰和(三絃) 藤本昭子(三絃)
演奏曲目
菊岡検校作曲  園の秋
峰崎勾当作曲  残 月
琴古流本曲   真虚霊
峰崎勾当作曲   雪

後援:西宮市、(公財)西宮市文化振興財団、西宮三曲協会、琴古流竹盟社竹鈴会

チケット申込み/お問合せ先:onko9on@yahoo.co.jpまで(@は半角に変換してください。)
できるだけメールにて、チケット送付先等をお知らせください。振込用紙を添えて郵送させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップヘ