薫習庵 琴古流尺八奏者 吉村蒿盟のブログ

 琴古流尺八教室 大阪九条(田波楽器)、西宮名塩ほか高槻、尼崎で行っております。

     初心者、経験者、他流を問いません、古典を中心に基礎から現代曲まで丁寧に個人指導します。
     お気軽にお越しください。演奏、合奏のほか出稽古にも参りますのでご相談ください。
     
     塾生専用ページ(塾生ネット稽古帖

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

今日、先日購入しました藤井久仁江先生のLPレコード6枚組のセットが届いていました。
早速少し聴きましたが本当に貴重な音源だと思います。

IMG_5923

親子三代の写真もありました。(お若い)

IMG_5921

表紙題字を見て驚きました。

IMG_5922

こうやってそれぞれの芸筋の繋がりというものが脈々とあるのですね。

まだ細かいところは調整中ですが、速報でお知らせします。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

と き 令和2年4月25日(土) 12時30分開演
ところ 西宮市立甲東ホール(阪急電車「甲東園駅」すぐ)
賛助出演 藤村博己先生と山田流関西箏楽会の皆様
入場無料

IMG_5912

詳細は後日改めてご案内申し上げます。

今日は、神戸で今年初めての合奏研究会に来ております。
私の課題曲は「春の寿」です。

IMG_5905


この曲は今回初めて吹く曲で途中で手が細かいところがあり、正月から慌てて稽古しております。
手頃な長さでなかなか楽しい曲です。

春の寿
作詞作曲 不詳 本調子
米川琴翁箏手付 青木鈴慕尺八編曲

IMG_5903

IMG_5904


尺八楽譜は、神戸の今井幸盟先生の楽譜です。

私のブログで幸盟会楽譜のお求め方法を紹介しております。

http://kunjuan.jp/archives/1953916.html

午前中の搬送先から丁度戻ったところで休憩中にNHKFM「邦楽のひととき」真虚霊を聴くことが出来ました。

IMG_5836


録音当日にはモニターしておりませんので一体どんな演奏になっているのかとても心配でした。

腕の無さは今更どうしようもありませんが楽器に助けてもらって最後までいけました。

IMG_5411
小林一城作一尺八寸管(森羅)です。

ありがとうございました。
午後からの搬送頑張ります。

この正月は3日から初売りセールをしているスズキ自動車のディーラーに試乗に行って来ました。
通勤用の軽四(17万キロ)が6月で車検ですので、次の通勤用ですが事実上私の人生最期の車になります。
選定条件はただ一つ、「見ようによっては軽自動車に見える普通車」です。

クロスビー、ジムニー、ジムニーシエラの3車種に試乗しました。
感想は、以下のとおりです。
クロスビー →   本当に素晴らしいです。でも軽自動車より大きいです。
ジムニー →   軽自動車でした。
ジムニーシエラ →   理想的な車の一言‼️ 条件にぴったりです。

ジムニーシエラの残念な点はただ一つ、方向指示器のカチカチ音が安っぽい‼︎ 本当に残念です。
ユーザー(まだユーザーではないですが)、せめてクロスビーのカチカチ音と同じに変えて欲しいです。

スズキ自動車の本社製造部門にお知り合いのいる方に是非伝えて欲しいです。宜しくお願い申し上げます。
今すぐでなくていいので私のシエラを製造するまででいいですから是非ともお願いします。

FullSizeRender
これは試乗車です。

ジムニーシエラ予約しました。約1年から2年待ちです。
軽自動車は車検受けてもうしばらく乗ることになりました。


年末に思いついて通勤用の軽四で徳島県までドライブしてきましたが、帰宅後、宝塚のガソリンスタンドまで行ったら店員のお兄さんが「タイヤがパンクしていますよ。」と言うのでびっくり‼️。

FullSizeRender


見れば右フロントのタイヤが確かに凹んでいるのです。空気圧は何と1気圧しか残って無かったのです。
調べてもらうとタイヤの肩に釘が刺さっていました。
直前まで高速道路を走ってたのですから大事に至らなくて胸を撫で下ろしました。

ガソリンスタンドですぐに応急のパンク修理はしてもらったものの、4本とも擦り減って完全に交換時期が来てる状態ですので、昨日宝塚のタイヤ屋さんで交換してもらいました。

これで安心‼️と思って今朝見たら、愕然‼️

何と今度は左後ろのタイヤがペッタンコ。
数十年ぶりに車をジャッキアップしてタイヤを外して家内の車で昨日のタイヤ屋さんまで持っていき別のタイヤに交換してもらいました。
中古タイヤとはいえ交換の時に店員がもっとちゃんと点検しておくべきですが、安かったのと店員さんが丁寧なので腹も立たず帰宅して無事に装着しました。

それにしてもこれが仕事始めの明日でなくて本当に良かったです。明日から朝5時起きですから、これが明日だったら万事休すでした。

この軽四(17万キロ)には、次の通勤用がやって来るまでもうしばらく頑張ってもらわないといけないですから‼️

山口五郎先生のレコードの中に「須磨の嵐」と「さらし」がありましたので、レコーダーに録音しながら聴いております。
本当に素晴らしい演奏です。
私の今年の課題曲ですので、これに「桜狩」を加えてひたすら聴いて練習しようと思います。

IMG_5813
IMG_5812
IMG_5814

第5回山田流箏曲「こりおりの会」演奏会
令和2(2020)年10月23日(金)19時開演
兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
プログラム 須磨の嵐 さらし 桜狩

詳細は後日改めてご案内申し上げます。

PS
この写真の真ん中の尺八は黒沢琴古の師匠の尺八だと聞いております。
随分以前のことですが代々木の山口五郎先生宅に伺ったとき山口先生から直接伺いました。

例年、年末は床のワックスがけに窓ふきが私の課題になります。

今年は天候が悪くて雨のため順延となりましたので、昨日(30日)は急遽思い立って徳島県阿南市まで通勤用の愛車で私の生まれ育った実家を見に行ってきました。

15歳まで過ごした家ですので、今でもよく夢に出てくるのです。
夢の中では、畳も新しい綺麗な家で父母も元気な姿ですので、それはそれでいいのかとも思いますが、最近はその頻度が高くなっているような気がしているのです。

そこで、いつまでも実家の夢を引きずってもいけないような気持がしていたので、実際に見てけじめをつけないといけない気がしていました。

そこで軽自動車の燃料を満タンにして、スマホナビを見ながら那賀川のほとりにある実家の様子を見に行ってきたのです。

IMG_5747
50年前まで過ごした場所です。(実家は写ってません。笑)

廃屋にはなっていると聞いていたのでもう潰れているかなと思いながらも到着してみると家は残っていました。もちろん人は住んでいませんが私が住んでいた50年前と同じ姿のままで朽ちていました。

今は他人の土地ですから勝手に入ることもできませんし、最初から見るだけの予定でしたのでしばらく眺めてから、すぐにそのまま帰宅しました。

昔と変わらない那賀川の鉄橋の写真を撮ってきました。

IMG_5745

IMG_5746
(この景色が私の心の原風景です。田舎です。)


これで、私の中のどこかで記憶の整理がついてくれるなら、この家が夢に出てくる頻度も下がるような気もしています。

令和元年は終活元年
人生初の転職もある意味で終活の一環かも知れないですし、大きなスピーカーを処分したのもその一つ。
実家を確認したのも同じです。
お蔭様で身体は元気ですので働けるうちは働きますが、常に残る人生を意識して楽しまなければいけませんね。

今年も残りわずかとなりました。
皆様佳いお年をお迎えください。




このページのトップヘ